ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

NTTドコモ、富士通、NEC、パナソニックモバイル、Samsungが来年にも合弁会社を設立、スマートフォン向け半導体を共同開発へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTTドコモや富士通と韓国のSamsungなどが早ければ来年にも合弁会社を設立し、スマートフォン用の通信制御半導体を共同開発すると日経が13日に報じました。新会社の資本金は300億円程度。本社は日本におく予定。NTTドコモが過半を出資し、富士通のほかNECやパナソニックモバイルコミュニケーションズも出資するそうです。新会社は半導体の設計・開発・販促に特化し、製造は外部委託する予定。共同開発の対象は、米Qualcommが高いシェアを持つ通信制御用半導体とのこと。この分野においてQualcommのシェアは全体として40%、スマートフォンにいたっては80%とのことで、このままでは将来的に主流となる4GにおいてもQualcommへの依存が高まることを懸念しての設立と言われています。新会社で開発された半導体は、参加各社が自社の製品に使用するほか外販も行う予定。Samsungは次期Galaxyスマートフォンに組み込みことを検討しているそうです。Source : 日本経済新聞


(juggly.cn)記事関連リンク
AndroidベースのGrid OS搭載タブレット「Fusion Garage Grid10」は$299~
ZTE Skate、Libra、Tureisが今月下旬に英国で発売
NVIDIA Tegraのロードマップから”Kal-El+”と”Grey”の存在が明らかに

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。