ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「喫茶マリン」がとにかくすごい! 胃袋がビリっと破ける「天丼タワー」に「ダムカレー」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アンダーグラウンドなお店が大好きな、メシ通レポーターの裸電球です。

北海道のフードファイターたちが「最強」と支持するお店があります。札幌市から電車でおよそ1時間30分。滝川市の郊外にお店を構える「喫茶マリン」です。

席数の限られた地元の喫茶店にも関わらず、1日に50キロ以上のご飯を炊くこともあるとか。大盛りやメガ盛りブームで注目を集めたものの、お店で食事をする大半が近所の常連さんというから驚きです。

今回は胃袋が破ける覚悟で挑みたいと思います!

外観はド派手、店内はいたって普通の喫茶店

お昼時をめがけて滝川市に向かいました。なんとも平和な駅前で、これから大食いを控えている私にとっては、嵐の前の静けさに感じます。

観光客気分でルンルンしていますが、目的の「喫茶マリン」に行かなくてはなりません。道行く人に尋ねたところ、駅前から車で15分以上かかるそうなので、タクシーに乗ります。

おお! ここですか! マリン感がムンムンする、海をモチーフにした外観がお出迎え。タクシーに揺られているときは、どんどん田舎に向かっていくので不安になりましたが、まさかこんな郊外にド派手なお店があるとは驚きです。

店内はいたって普通の喫茶店という印象です。昼時ということで、店内は大混雑。お客さんが次々と入店してきます。

マリンの名にふさわしい大きな水槽がありました。熱帯魚が優雅に泳いでいます。お店のママに店名の由来を聞いてみると、ご主人がスキューバーダイビングをされていたそう。なるほど!

天丼タワーにダムカレー……

常連さんの注文に耳を傾けていると、

「ママ、カツカレーのライス少なめ」

「俺は牛とじ丼のライス半分!」

皆さん、なんとも控えめにオーダーしているではありませんか。ご飯の量が調整できるようです。一瞬、弱気になりましたが、ここは男らしく通常サイズの天丼をオーダーしました。

なにやらゆっくり慎重に運ぶ店員さん。

ん?でかい、というか高い! すごいのがきた!

ドドーンと登場した天丼の普通盛り。ご飯は2合近くあるのではないでしょうか。天ぷらも崩れ落ちそうなボリュームで、まさに「天丼タワー」がそびえ立っています。

顔と比べると大きさはこのとおり。でかいです。重いです。

しかし、この奇をてらっていない感じの大盛り具合がたまりません。無理をすればなんとかなりそうな微妙なラインを攻めてきます。さすが普通盛り。

天丼タワーを前に、せっかくですからドローンの気分で撮影してみました。上から見る東京タワーってきっとこんな感じ。

下から見るとこんな感じ。見上げます。

アップにするとこんな感じです。

水槽の熱帯魚からはこう見えています。また人間が頑張っているぞ、と笑われている気分です。

このままだとタワーが崩壊してしまうので、小皿に移して食べ進めます。量は多いのですが、大味ではなく、とても美味しい! 天ぷらはエビやホタテ、ナスにピーマンなど、なんと11種類ものっていました。

天ぷらはどれもサクサクの揚げたて。エビもこの大きさです。これで880円は安いと思いませんか?

好物は「最後にとっておく派」ですけど、今日はさっさと食べておきます。

それにしても丁寧に作られているのがわかる天丼です。聞くと、店主は夜10時過ぎまでお店で作業して、朝は5時から市場に買い出し、そのまま昼まで仕込んでいるそうです。

これは地元に愛される理由もわかります。

天ぷらを小皿によけると、さらにその下から出てきます。水槽の青いライトに照らされて、深海に沈んでいくような気分を味わえます。

試合開始から30分。天丼タワーの解体作業を進めますが、今日中には解体が終わらないかもしれません。ギブアップ寸前です。

その時、向かいのお客さんが注文した「ピラフカレー」が!

ダムではありませんか! 貯水ならぬ「貯カレー」です。

喫茶マリンは何を頼んでも大盛りのお店。噂以上の破壊力です。せっかくなので、ダムも……。

上空からドローンで撮影させていただきました。チャプチャプしています。

想像以上にカレーが流れ出ていました。このお店は客同士の距離感も近く、ご近所さんで励ましあいながら完食を目指します。

200円ほどプラスするだけで、大盛りでの注文も可能です。写真は見るからに食べそうな人が挑戦していたオムカレー。ご飯は3合以上あるそうです。

ちなみにお店の方に伺うと、1日にお米を50キロ以上使うそうです。

どおりで減らないわけです。見かねた店員さんが助け舟を出してくれました。

「容器代かかりますけど、持ち帰りますか?」

はい、もちろんです! だって入店した時は二重あごじゃなかったはずですもん。

これくらいのお弁当、普通にスーパーで売っています。ちなみに夜ご飯としていただきましたが、しっかり満腹になる量でした。

私を見て、ダムの人も「半ダム」を持ち帰ることに決めたようです。

さいごに

今回の「喫茶マリン」は完敗に終わりました。

それにしても、チャレンジメニューではなく、あくまで普通盛りというところに脱帽です。お腹いっぱいで帰って欲しいというお店の愛に包まれて、お腹もまん丸になりました。どのお客さんも、よくあるレストランの2倍ちかくの大きさの料理を食べているので、自分が小さくなったような感覚です。

それにしても、この上に「大盛り」があるから驚きですよね。我こそはという猛者は是非挑戦してください。私は……常連の顔をして、堂々と「ライス半分」を頼もうと思います。

お店情報

喫茶マリン

住所:〒073-0042 北海道滝川市 泉町1丁目13-37

電話:0125-24-5948

営業時間:10:00~21:00(L.O.20:40)

定休日:日曜日


書いた人:

裸電球

北海道を拠点に食べ歩き。CATVでグルメ番組のレポーターを担当したことをきっかけに、ハシゴ酒が趣味となる。入りづらいお店に突撃するのが大好き。現在はフリーで、映像制作とライターの仕事をしている。 Twitter:@hadaka_denkyu ブログ:「裸電球ぶら下げて」

関連記事リンク(外部サイト)

真冬の北海道でも半袖・短パンを貫く 「男は生きざま」な店主が作るフレッシュカレー
日本最北の酒蔵の向かいで営むラーメン店。 酒粕がたっぷり入った芳醇な味わいに酔いしれる!
あたりまえに注文している「新子焼き」って何だ! 北海道の旭川市で愛されるご当地メニュー

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP