ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【POPSPRING 2016】で来日するレッドフー、最強パーティー・アルバムを3/18にリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2016年4月に【POPSPRING 2016】で来日するレッドフーが、ニュー・アルバム『パーティー・ロック・マンション』を3月18日に世界同時リリースする。

 エレクトロ・デュオ=LMFAOのラッパー、ダンサー、DJとして2009年メジャー・デビュー。2011年にシングル「パーティー・ロック・アンセム」が米ビルボード・シングル・チャート1位に輝き、日本でも大ブレイクを果たした、“お祭り男”=レッドフー。2012年9月にLMFAOが無期限活動休止を宣言し、ソロ活動をスタートした彼が、テンション全開でぶっ飛ばす最高のパーティー・アルバム『パーティー・ロック・マンション』を完成させた。

 今作には、YouTube再生回数1億9千万回を突破した先行シングル「ニュー・サング」をはじめ、昔から家族ぐるみの交流があるスティーヴィー・ワンダーとコラボした「ホウェア・ザ・サン・ゴーズ」、ファンキーでホンキーなナンバー「ジューシー・ウィグル」、ヒップホップ・テイストの濃い「ブーティー・マン」といった話題のシングルを多数収録。さらに、日本盤にはボーナス・トラックが3曲追加される。

 iTunes Storeでは、プレオーダーがスタートしており、いま予約するとデジタル配信中の「パーティー・トレイン」をはじめ、先行シングル「ニュー・サング」、「ホウェア・ザ・サン・ゴーズ」など計6曲がその場でダウンロードできる。

◎「New Thang」MV
https://youtu.be/xGiBiHocSZM

◎「Where the Sun Goes ft. Stevie Wonder」MV
https://youtu.be/TrVLu9p65a0 

◎『パーティー・ロック・マンション』トラックリスト
01. Keep Shining / キープ・シャイニング
02. Party Train / パーティー・トレイン
03. Too Much / トゥー・マッチ
04. Beach Cruisin’ / ビーチ・クルージング
05. Booty Man / ブーティー・マン
06. Lights Out / ライツ・アウト
07. So Lit / ソー・リット
08. New Thang / ニュー・サング
09. Juicy Wiggle / ジューシー・ウィグル
10. Good Things Happen When Ya Drunk / グッド・シングス・ハップン・ホウェン・ヤ・ドランク
11. Where the Sun Goes(feat.Steve Wonder)[Future Extended Mix] / ホウェア・ザ・サン・ゴーズ
12. Meet Her at Tomorrow(feat. Dimitri Vegas & Like Mike) / ミート・ハー・アット・トゥモロー
13. Maybe / メイビー
14. Booty Man(Cheek Freaks Remix) / ブーティー・マン(チーク・フリークス・リミックス)※日本盤ボーナス・トラック
15. Lights Out(Party Rock Remix) / ライツ・アウト(パーティー・ロック・リミックス)※日本盤ボーナス・トラック
16. New Thang(Some Blond DJ Remix) / ニュー・サング(サム・ブロンド・ディージェー・リミックス) ※日本盤ボーナス・トラック

◎リリース情報
『パーティー・ロック・マンション』
レッドフー
2016/3/18 RELEASE
2,200円(plus tax)
※世界同時リリース

◎公演情報
【POPSPRING 2016】
2016年4月2日(土)幕張メッセ
OPEN 11:00 / START 12:00
2016年4月3日(日)神戸ワールド記念ホール
OPEN 11:00 / START 12:00
INFO: POPSPRING 2016 オフィシャルサイト http://www.popspring.jp/

関連記事リンク(外部サイト)

マックルモア&ライアン・ルイス 全世界待望のニューALが完成!エド・シーラン、チャンス・ザ・ラッパー、イドリス・エルバら豪華ゲスト参加
レディー・ガガ、自身のファッション・ラインを持たないのはデザイナーへの敬意
多額の借金抱えたカニエ・ウェスト救済に募金ページが開設

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP