ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【深ヨミ】バンプ『Butterflies』、地域別売上げ順位

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月22日付のBillboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”では、BUMP OF CHICKENの約2年ぶりとなるオリジナルアルバム『Butterflies』がE-girlsの初ベスト『E.G. SMILE -E-girls BEST-』との激闘を制し首位を獲得した。

 SoundScan Japanのセールスデータによると、『Butterflies』はリリース初週に20万枚を売上げた。店舗での売上げを地域別で見てみるとトップ5は下記のようになる。
1位:東京
2位:愛知
3位:大阪
4位:神奈川
5位:千葉
 東京が断トツの2.1万枚を売り上げて1位。2位以下も大都市を抱える地域、愛知・大阪・神奈川と続いている。東京を中心とした大都市部でセールスを着実に伸ばして、20万枚という大台を突破したと言えるだろう。ちなみに、E-girls『E.G. SMILE -E-girls BEST-』も大都市部でのセールスが売上げの中心になっており、『E.G. SMILE -E-girls BEST-』の場合は、1位東京・2位愛知・3位埼玉・4位神奈川・5位大阪の順になっている。『E.G. SMILE -E-girls BEST-』は、バンプに届かなかったが17万枚を超えるセールスをあげており、2月22日付“Top Albums Sales”はハイレベルな争いが繰り広げられていた。

関連記事リンク(外部サイト)

日本最大級のクラシックの祭典LFJ2016、自然をテーマに小曽根真、VOCES8、小林愛美、庄司紗矢香らが熱演
“充電”発表のKAT-TUNがJAPAN Hot100制覇、アルバムはバンプが首位、3JSB&PERFUMEが新作ALアナウンス:今週の邦楽まとめニュース
【第58回グラミー賞】が開催、カニエ新作はTIDALのみ?、パリに戻ってきたEODM:今週の洋楽まとめニュース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。