体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見どころいっぱいのハノイ!限られた時間で行くべき観光スポット

フランス植民地時代の面影を残す町並みはどこかノスタルジックで、とても魅力的な街です。見どころいっぱいのハノイですが、ここだけは押さえておきたい、おすすめスポットをご紹介します。

 

ハノイの日常を垣間見る『旧市街』

ハノイの日常を垣間見る「旧市街」

photo by shutterstock

まずは『旧市街』を散策して、ベトナムっぽさを体感してみましょう。観光客向けのお土産物と、地元の人向けの商品が渾然と混じり合い、あふれる人だかりの『旧市街』。

迷路のように入り組んだ騒がしく雑然とした小径を歩くうち、ハノイの日常の顔が見えてくるはず。ここでの買い物は、値段交渉が必須。

また、似たようなものでも大通りに面するお店で買うと高く、路地裏のお店で買うと安い傾向があるようです。

いろいろ見比べてから、「他の店ではもっと安かった」などと交渉を楽しんでみてください。夜はナイトマーケットも開かれます。
■詳細情報
・名称:旧市街 (ハノイ36通り)
・住所:Quan Hoan Kiem, Ha Noi
・アクセス:ホアンキエム湖(Ho Hoan Kiem)から徒歩5~30分

 

裕福なハノイ商人の暮らしに浸る『旧家保存館(87マーマイの家)』

Old_House_Hanoi

photo by wikimedia

旧市街の散策中、是非立ち寄りたいのが、昔のハノイ商人の家を見学できる『旧家保存館 マーマイの家』。

19世紀後半に建てられたもので、当時の裕福な商人がどんな暮らしをしていたかを知ることができます。1階で入場料を払った後は、居住スペースを見学。

風通しが良く、気持ちの良い部屋や中庭、台所、急な階段。家具などもそのまま置かれていて、まるで知人の家に訪れたような気持ちになります。

静かでとても居心地の良い空間なので、旧市街の喧騒に疲れたら是非立ち寄ってみてください。
■詳細情報
・名称:旧家保存館 (87マーマイの家)
・住所:87 Ma May
・営業時間:8:00~12:00、13:00~17:00
・電話番号:39260585

 

伝説の亀を祀るノスタルジックな憩いの場「ホアンキエム湖」

伝説の亀を祀るノスタルジックな憩いの場「ホアンキエム湖」
1 2 3 4次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。