ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2016 : ZTE、普及型スマートフォンBladeの最新モデル「Blade V7」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ZTE は 2 月 21 日(現地時間)、MWC 2016 イベントの開幕に先立ち、普及型スマートフォン「Blade」シリーズの最新モデルとなる「Blade V7」を発表しました。Blade V7 は、国内でも昨年秋に発売された iPhone っぽいデザインが特徴の「Blade V6」の後継モデルで、デザインが少し変わってカラバリにはゴールドが追加されるなど一新しています。また、ディスプレイサイズは 5.2 インチフル HD に拡大されるなど、ところどころに変化が見られます。Blade V7 は厚さ 7.5mm とスリムなボディを採用した Android 6.0 スマートフォンです。主要スペックは、5.2 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、MediaTek MT6753 1.3GHz オクタコアプロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ(0.3 秒のフォーカススピード)、前面に 500 万画素カメラ、2,500mAh バッテリーなどを搭載しています。Blade V6 の対応周波数は、GSM(1900MHz / 1800MHz / 900MHz / 850MHz)、WCDMA(850 / 1900 / 2100MHz)または WCDMA(900 / 1900 / 2100MHz)、LTE(Bans 2 / 4 / 7 / 12 / 28)またはLTE(Bands 1 / 3 7 / 8 / 20)です。Source : ZTE

■関連記事
Galaxy S7 / S7 edgeの海外での予約は23日から、公式価格も判明
Samsung、モバイル決済サービス「Samsung Pay」の提供国拡大を発表
イーバランス、Androidスマートフォンの子機にもなるスマートウォッチ「AUDiM Smatch II」を国内発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。