ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本のHulu、米HBOと業務提携し『ゲーム・オブ・スローンズ』などの人気ドラマを配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大手ケーブルテレビ局の米HBOが、“日出ずる国(the Land of the Rising Sun)”に流れ込んだ。

HBOは日本国内でのビデオ・オン・デマンド(VOD)に関して、Huluと独占かつ包括的なライセンス契約を締結し、数100時間分に及ぶ番組の配信を開始した。

このライセンス契約により、HBOの人気ドラマシリーズである『ゲーム・オブ・スローンズ』、『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』、『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』などの作品群をHuluの日本国内サービスで視聴可能になった。加えて、『Silicon Valley(原題)』を含むいくつかのドラマシリーズは、日本初上陸となる。

現在、日本国内のHuluは、米ディズニー、米21世紀フォックス、米NBCユニバーサルが所有する米国本社とは切り離されている。最初は米本社の子会社として2011年に日本向けのサービスを開始したが、2014年4月に日本テレビ放送網に売却された。現在は日本テレビ放送網の100%子会社であるHJホールディングス合同会社が日本国内のサービスを運営している。

Huluは2月18日からHBOの作品を配信した。配信枠を徐々に広げ、HBOの番組ライブラリーの中から800エピソード以上を追加する予定だ。

Huluのチーフ・コンテント・オフィサーを務める長澤一史は、「米国ドラマの宝箱とも言われるHBOの豪華なラインアップを、日本のHuluユーザーの皆様にお届けできることに、とても気分が高揚しています」と契約締結を発表した。

Huluは、2015年に日本向けサービスを開始したNetflixやAmazonプライム・ビデオなどといった定額制のビデオ・オン・デマンド・サービスと競合している。米国市場においては、HBOは3年以上前から番組ライブラリーを米Amazonプライムに提供している。

Huluの日本国内サービスでは、テレビシリーズ、アニメーション、ドキュメンタリー、リアリティ番組などを含めた海外と日本国内の作品群を配信し、インターネットに接続可能な様々なデバイスで視聴できる。すでに配信中の米国テレビドラマとしては、『ウォーキング・デッド』、『アンダー・ザ・ドーム』、『Black Sails/ブラック・セイルズ』、『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』、『Empire 成功の代償』などがある。

Huluの日本国内サービスに最初に投入されるHBOの番組ラインナップには、『Silicon Valley(原題)』、『ゲーム・オブ・スローンズ』、『TRUE DETECTIVE/二人の刑事』、『GIRLS/ガールズ』、『セックス・アンド・ザ・シティ』、『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』、『ニュースルーム』、『シックス・フィート・アンダー』、『トゥルーブラッド』、『バンド・オブ・ブラザース』、『ROME[ローマ]』、『アントラージュ★オレたちのハリウッド』、『リトルブリテンUSA』、『SPAWN スポーン The Animated Series』、『カーニバル』、『ザ・パシフィック』、『THE WIRE/ザ・ワイヤー』がある。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP