ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1日でとれるおすすめ資格4選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

応募しようと思って履歴書を書いてはみたものの、資格の欄が何もなく白い……。何かしら資格があれば、見栄えもいいし、資格の種類によっては興味を持ってもらうことができます。様々な資格がある今は、何ヶ月も勉強しなくても、1日など短期間の講習、試験で取ることができる資格がたくさんあります。そんなおススメの資格を紹介します。

短期間でとれる資格


食品衛生責任者

食品衛生責任者は飲食店、喫茶店などの調理営業や乳類、魚介類、食肉などの販売業を営むのに必要な資格で、食品衛生法の定めにより店舗などの各施設ごとに1人以上おくことが義務付けられているので需要も多いです。食品衛生全般を見るという重要なポジションにも関わらず、講習を受けるだけで取得することができます。受講資格は各都道府県によって少し違いますが、東京都の場合は17歳以上かつ高校生以外となっています。難易度は易しく、試験内容としては知識に関する小テストをしますが、合否はありません。講習を受けて、試験をやればとれる資格になります。受講料は各都道府県で違ってきますが、テキスト込みで1万円程度です。

フォークリフト運転者

フォークリフト運転者は最大荷重1t以上を含め全てのフォークリフトやストラドルキャリア、コンテナキャリア、トップリフター、クランプリフトを操作できる資格です。物流が発達して、様々な荷物が大量にやりとりされる現代、重要な資格になっています。この資格は都道府県労働局長の登録講習期間で労働安全衛生法に基づく運転技能講習を受けることで取得することができます。すでに取得している自動車免許の種類によって免除される学科などがあったりするので、講習にかかる日程、費用は変わってきます。受講資格は18歳以上で、さすがに1日で取得とはいきませんが、3日から5日くらいで取るのが一般的です。難易度は易しく、費用は5~6万円くらいです。

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者とは国家資格で労働安全衛生法に定められた作業主任者のひとつです。酸素欠乏危険作業主任者技能講習または酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者講習を修了することによって得ることができる資格です。わかりやすくいえば、トンネルや地下工事などでの事故の防止を目的とした資格になります。受講資格は18歳以上で2日間の学科講習と1日の実技講習を受講して、最後に修了試験を受けることで取ることができます。難易度は易しく、ほとんどの人がこれで取れます。費用は東京の場合受講料18000円とテキスト代となります。お住まいのところで調べてみてはいかかでしょうか?

防火管理者

防火管理者は講習を受けるだけで誰でも取ることができます。消防法に基づいて防火に関する講習を修了した人が知識を活用して防火対象物の管理、防火上必要な業務を遂行することができる資格です。甲種と乙種があり、防火管理者となれる対象物が違います。最も需要がある商業ビルのテナントなどは乙種でまかなえます。簡単にとれる資格ですが、防火管理者が適正な防火管理業務を行わず、火災により死傷者がでるといったような大きな被害があった場合、管理責任をとわれることもある、重要な責任ある資格です。受講資格は「防火管理者として選任されるものが受講可能」となっていますが、誰でも受講できるようです。難易度は易しく、甲種で2日、乙種で1日の講習をうけることで得ることができます。受講料はテキスト代の5000円のみです。

まとめ

講習を受けたり、短期間で取れる資格を紹介しました。どれでも比較的易しい資格になっているので、何も資格がなくて、アピールポイントがない、という人は挑戦してみるのも良いのではないでしょうか?就きたい仕事に全く関係のない資格でも興味をもってもらえるかもしれませんよ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP