ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NVIDIA Tegraのロードマップから”Kal-El+”と”Grey”の存在が明らかに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NVIDIAのモバイル機器向けSoC”Tegra”のロードマップ資料が公開されています。資料にはNVIDIAが今年の2月に公開した2014年までのロードマップ上には掲載されていない新しいコードネーム”Kal-El+”、”Grey”が掲載されています。資料によると”Kal-El+”は年内までに登場すると言われる4コア”Kal-El”(Tegra 3)の次に登場することになっています。発表時期は年内のようです。その後には2月のロードマップ通り(かどうかは不明ですが)Tegra 2より10倍高性能と言われる”Wayne”が2012年中に登場予定、同じ年tには”Grey”という新しい開発コードのSoCも登場するようです。”Grey”はIceraのベースバンドチップを内蔵した”Wayne”世代のSoCと数日までに紹介しましたが、資料によるとWindows、Windows Phone向けのようです。Source : Heise Online


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Runnymedeのプレス画像がリーク
10月19日~21日のAsiaDイベントにAndy Rubin氏が出席、Ice Cream Sandwich関連の話が出てくるかも
アーケードゲーム『R-TYPE』がAndroidアプリになって登場、Xperia PLAYのコントローラーにも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。