ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本国憲法第一条には何が書かれている?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 日本国憲法は、国民に保障された人権を規定し、また重要な義務などについても規定しています。個別の人権、例えば学問の自由、表現の自由などは何となく理解している方も多いと思いますが、どの人権が何条かまでをおぼえている人は少ないはず。

 では、日本国憲法第1条に規定されているのは、「国民主権」と何でしょうか?

(1)基本的人権の享有
(2)天皇の地位

A.

正解(2)天皇の地位

 日本国憲法の1条というからには、重要な人権が規定されているのでは?と思う方もいるかもしれませんが、正解は、天皇の地位です。

 1条は「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」となっています。
 これは、戦後の日本において、それまで天皇が国政の全てに対して権力を有していた構造から脱却し、天皇の国政に対する位置づけ、国民に対する位置づけを明確化させることが重要であったためという背景があります。

 ちなみに、基本的人権の享有は、11条に規定されています。

元記事

日本国憲法第一条には何が書かれている?

関連情報

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP