体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

次世代通信システム「5G」で、私たちの生活はどう変わるの?

スマートフォンやケータイに限らず、さまざまなモノがインターネットに接続され始めた今の時代。このまま端末が増えれば増えるほど、ますます通信インフラの重要性が高まってくる。そんな未来の暮らしを支える次世代通信システムが「5G(第5世代移動通信)」だ。これまでとどこが変わるのか? 速度が速くなるだけではないのか? 何ができるようになるのか? など、なかなか難しい電波の話を、KDDIの担当者に聞いた――。

なぜ5Gが必要なのか。3つの理由

――私達が携帯電話などで利用している4G(第4世代)という無線ネットワークが、近い将来、新しく5G(第5世代)に変わるそうですね。なぜですか?

松永 彰(技術開発本部シニアディレクター) 3つの理由があるんです。1つ目は、いま皆さんがスマホなどで観ている動画などの画質をもっときめ細かくしたり、ダウンロードをもっと速くできるようにしたり、動画をあらゆる角度から観ることができるKDDIの3D自由視点テレビを楽しめるようにしたりなど、さらに使い勝手をよくして便利にするためです。そのためには、通信速度を今の10倍以上に高める必要があります。

2つ目は、家電や車などのIoT(モノのインターネット)のように、これまで無線ネットワークにつながっていなかったさまざまなものが、ネットワークにつながるようになるので、一度につなぐことができる通信機器の数を大幅に増やす必要があるんです。

3つ目は、つながる機器の数が増え、種類も増加することでサービスが多様化します。そうなると、用途によっては4Gでは実現できないほど通信のタイムラグを減らす必要が出てくるなど、ネットワークの新しい性能が求められるようになります。こういった理由で、4Gから5Gへとネットワークを進化させる必要があるんです。

次世代通信システム「5G」で、私たちの生活はどう変わるの?
次世代通信システム「5G」で、私たちの生活はどう変わるの?
これまで4G LTEが行ってきた通信回線の高速化は、たとえるなら高速道路の車線を増やすようなもの。それに対し、5Gではこれまで使われていなかった周波数帯域を活用することで、道路自体を増やし、交通量を分散させて高速(大容量)通信を実現する

――これまでつながっていなかったものがつながるということですが、どんなものがつながるのですか?

畑川 養幸(コンシューマ事業企画部課長補佐) 今、身のまわりに存在するあらゆるものが、ネットワークにつながっていくと思います。たとえば2歳くらいのお子さんの靴に通信モジュールが入っていて、親が目を離した隙にどこかへ行こうとしたら、親のウエアラブルデバイスを通してアラームで教えてくれる。さらに、子どもの周囲を通行する自転車や車にも、危険を知らせてくれる。そんな技術が実現すれば、親も子どもももっと自由になれますよね。

他にも、雨が降る予報の日は、玄関にある傘立てが光って傘を持っていくように促してくれるとか。一部はすでに始まっていますが、ネットワークにつながるものが増え、それらが相互に作用することで利便性は飛躍的に高まりますので、今後つながるモノの数や種類は大幅に増えると見ています。

――道路にたとえると、車の数が増えすぎてにっちもさっちもいかなくなりそうだから、インフラをつくり直す必要があるということですか?

末柄 恭宏(KDDI研究所グループリーダー) そうですね。道路のたとえでいえば、4Gも立派な高速道路なんです。今までも車線を広げたりして改善してはきたのですが、車の量が2倍、3倍どころじゃなく、もっと増えそうだとなってくると、新しく別の高速道路を建設しなくてはならなくなった。それが5Gというわけです。

5Gが担うミッション「高速化」「低遅延」とは

――新しくつくる5Gはどんな高速道路なんですか?

松永 まずは、高速道路を新設するには土地が必要ですよね。その土地にあたるのが周波数帯なんです。4Gはおおよそ700MHzから3.5GHzの周波数の帯域を使って通信していましたが、5Gという高速道路をつくるために使う土地、つまり周波数帯は24GHzを超える、とっても高い周波数の利用が予定されています。「予定」と言ったのは、どの周波数帯を使うかというのを決める国際会議が2019年開催予定ですので、まだ正式に決まっていないからなんです。

――なるほど。5Gができると、4Gはどうなるんですか?

松永 4Gは、現在のスマホやルーター、タブレットのデータを流すうえでは、非常にうまくつくられています。5Gの時代になってもそういった通信機器は引き続き使われると思いますので、5Gが4Gに置き換わるというよりは、4Gが5Gの一部として取り込まれていくことになります。

――通信機器の数だけでなく種類も増えるというお話がありましたが、どのような工夫が必要になるんですか?

末柄 通信機器の種類は、高速道路を走る車の種類にたとえることができます。スマホやルーター、タブレットのデータが大半の4Gのネットワークでは、おもに大型トラックが交通量の大半を占めているイメージですね。一方、センサーなど通信機器の種類が増えると、色々な種類の車が高速道路を走るようになります。なかには救急車のように一刻を争うような車もあるかもしれません。そんな多種多様なデータを効率よく運ぶためには、高速道路の車線もたくさん必要ですし、交通整理もとても大切になります。

――交通整理ですか?

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。