ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『いつ恋』 月9現象起こした脚本家のセリフ書き分けが秀逸

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「月曜日の夜9時になると街から女性たちが消える」――1991年、『東京ラブストーリー』はそんな社会現象を巻き起こし、「月9」という流行語を生み出した。しかし録画機器が普及し、インターネットで動画が見られる時代になり、その言葉は空虚になって久しい。

 そんな中始まったフジテレビの月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は、ここ数年の月9とは、ひと味もふた味も違う。

 そんな『いつ恋』の脚本を手がけるのは、月9ブームを生んだ『東京ラブストーリー』の坂元裕二氏。名せりふに定評のある彼にとって、10作目となる月9が『いつ恋』だ。「それだけに気合が入っている」というのは、テレビ・ドラマ解説者の木村隆志さん。

「キャラクターによるせりふの書き分けは、いつも以上の意気込みを感じます。音は恋心、晴太は東京の陰の部分、朝陽はエリートだけどこじらせた感じとか、“この人に、このせりふを言わせる”というスタイルができています」

 本誌編集部でも、20~50代までの男女が『いつ恋』の話をしている。生きてきた時代も、価値観も違うのに。

「ちなみに録画派です。たとえオンタイムで見ても、その後、録画で見直します。必ず何度も聞きたくなるせりふがあるんですよね」(52才・会社員)

「胸がヒリヒリして見られないと思いながらも、じっとテレビに見入ってしまいます。音と練の恋はもちろんなんですけど、私は木穂子の生き方がリアルすぎてつらい。田舎から出てきて夢の広告会社で働いたものの、業務は雑務止まり。会社の冷遇にひたすら耐えて、それ以外ではキラキラ女子でいるって、私のこと?って…。泣けてきました」(28才・派遣)

 ドラマウオッチャーで恋愛作家の島田佳奈さんは坂元さんが描いてきた「リアル」に注目している。

「昔のラブストーリーは、必要以上にキラキラしていたじゃないですか? みんな華やかでしたよね。やたらバーで飲んでいたけれど、それが憧れであり、リアルでもあった。

 そういった意味で、『いつ恋』にもリアルがある。ただそれは、苦しいリアル。ヒロインの音が介護施設で働いていて、お金がなくていつも同じ黄色いコートを着ている。おしゃれなレストランにもバーにも行かず、基本は家飲み。低所得者層の若者を切り取っているのが、見ていて、苦しくなります。でも、だから、目が離せない」

 そして木村さんは、今作にどっぷりハマッてしまうのは、普遍的な人間の内面が丁寧に描かれているからだという。

「せりふが素晴らしいのはもちろんなんですが、そのせりふに頼るだけじゃなく、例えば『アルプス一万尺』をふたりでやったり、こたつでたこ焼きを作りながら家族の話をしたり、なんということもない会話に、ふたりの思いがあふれているんです。『東京~』含め、坂元さんの作品が、決して流し見できない大きな理由だと思います」

※女性セブン2016年3月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『花子とアン』脚本家が書く『Dr.倫太郎』 堺雅人喜んでた
サムゲタン風鶏鍋をおいしくするコツ 鶏肉を洗ってから使う
演出家・蜷川幸雄 山本裕典は「鍛えがいのある俳優」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP