ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネコ好き妻 「2月22日はネコの日なの」で家事放棄

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せてきたのは、運送会社勤務のご主人(35歳)。イヌ派のご主人に対し、奥様(37歳)はネコ派です。

 * * *
「イヌのほうがいい!」「違うわ、ネコよ!」で、よく口ゲンカします。

「イヌ好きの代表は綱吉だな」
「芥川賞の?」
「それは又吉! 犬公方の五代将軍、徳川綱吉だよ」
「五代? 朝ドラ『あさが来た』の五代様でしょ? イケメンで大好き!」

 こんなトンチンカンな答えしか返ってこない女房。ネコを理由に家事の手を抜くようになりました。

 昨年2月、会社から帰ると、洗濯物は干したままで料理も作っていません。「今日は2月22日で『ネコの日』なの。ネコ好きの私にとっては休日だから、洗濯物はあなたがたたんでね。食事は出前を取りましょう」。ひどい理由付けですが、「1年に1回だけだし、いいか」と思ったら、3月には「3月1日はロシアのネコの日なの」、8月には「8月8日は世界ネコの日なの」で、またも家事放棄。

 そこで10月9日の夜、「明日はキミの日だから、家事は僕がやるよ」と皮肉たっぷりにいいました。「何で?」「10月10日は、トン(豚)トン(豚)だから」。その結果ですか? 横っ面を3発、ブタれました。

※週刊ポスト2016年3月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「ネコ引っかき病」の恐怖 人間のリンパ節が鶏卵大に腫れる
バブル時代伝説の役得 ゼネコン社員は現場監督で家1軒建つ
大御所写真家の「ネコ偏愛トーク」が生々しすぎると女性作家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。