ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『アリス・イン・ワンダーランド』続編、新予告映像でピンクがジェファーソン・エアプレインの曲をカバー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『アリス・イン・ワンダーランド』の続編『Alice Through the Looking Glass(原題)』の新しい予告映像に登場したアリスを、誰もが心待ちにしている。

2月15日(現地時間)、米テレビ局CBSでの第58回グラミー賞授賞式の中継放送中に、同作の新予告映像がテレビで初披露された。2010年に公開された『アリス・イン・ワンダーランド』の続編は、ミア・ワシコウスカ演じるアリスが不思議な国に戻り、ジョニー・デップ演じるマッドハッターを救うために過去に戻るストーリーとなる。デップは、グラミー賞授賞式で、自身のバンドであるハリウッド・ヴァンパイアーズのパフォーマンスを披露した。

続編でのアリスの新しいミッションは、タイム(サシャ・バロン・コーエン)の大型時計の中にある金属の球体クロノスフィアを借りることだ。アリスは、前作に続き、白うさぎ(マイケル・シーン)、チェシャ猫(スティーヴン・フライ)、白の女王(アン・ハサウェイ)、芋虫のアブソレム(アラン・リックマン)と再会し、新たにマッドハッターの父親ザニック・ハイトップ(リス・エヴァンス)らの新しいキャラクターにも出会う。

ヘレナ・ボナム=カーター、マット・ルーカス、ティモシー・スポールも続編に戻ってくる。続編は、ジェイムス・ボビンが監督を務める。ティム・バートン監督による前作は、米国内の興行収入3億3420万ドル、さらに全世界では10億ドル以上を稼ぐ大ヒット映画となった。

続編『Alice Through the Looking Glass(原題)』では、ピンクが、ジェファーソン・エアプレインの楽曲『ホワイト・ラビット』をカバーしている。またピンクは、同作のために、ダニー・エルフマンによる映画音楽をフィーチャーしたオリジナルの楽曲も作曲し、レコーディングを行っている。

ピンクは、「これまでの人生で行ってきたことの中で、もっとも興奮することの一つだわ」と、この有名な楽曲(『ホワイト・ラビット』)をレコーディングする様子を収録した映像(下記)で語っている。

『Alice Through the Looking Glass(原題)』は、5月27日に米劇場公開となる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP