ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まだ平気、まだ平気かな…?と一晩ひとりで耐えた陣痛。痛みの変化をリポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

陣痛を感じたのは予定日の11日前のお昼でした。

1時間ほどの散歩をしながらの帰り道、なんだかお腹が痛いなぁと感じていましたが、すぐに痛みも引いたため、あまり気にしていませんでした。

家に帰ってから裁縫をしようと思って準備をしていると、またお腹に痛みを感じました。

トイレに行きたいような痛みでもないし、何だろうと思いながら10分くらい我慢していると痛みは引いていきました。

もともと生理痛がひどく、薬を飲まないと動けなくなるほど痛くなるタイプだったので、生理痛よりマシな痛みは陣痛ではないと思っていました。

その後も20~60分とバラバラな感覚ではあるものの、お腹が痛いという状況が繰り返されます。

しかし痛みは5~10分我慢すれば治まる程度だったので、あまり気にしていませんでした。

20時ごろまたお腹が痛くなり、このころから陣痛アプリを使ってみることにしました。

すると10~20分間隔で痛みが繰り返されていました。

そして、お昼に比べると痛みも強くなっているような…。

夫に電話で相談すると、自分に聞かれても分からないから病院に電話して聞いてみたら?とのこと。

23時ごろ病院に電話して状況を説明すると、前駆陣痛かもしれないので様子を見て、我慢できないようならまた電話をしてほしいとの回答でした。

夫には、前駆陣痛かもしれないから様子を見ること、もしひどくなるようなら夜中でも連絡する旨を伝えて寝ることにしました。

しかし、24時ごろのお腹の痛みは10~15分間隔で、痛みもますますひどくなっている気がしました。

妊婦じゃなければ痛み止めを飲みたいくらいの痛みです。

2分くらいの痛みに耐えると、10~15分してまた痛みが。

寝ようと思っても痛みで寝ることができない…。

結局、ぐっすり寝ることができないまま、朝を迎えました。

それでも、いつもの生理痛の痛みよりはまだマシな痛みだったので、前駆陣痛の一種なのかなと思い我慢をしようと思ったのですが、痛みの感覚が5~7分くらいになっていたので、7時半ごろ病院に電話をして状況を説明しました。

「我慢できなさそうなら入院の準備をしてきてください」

といわれ、病院に行くと子宮口が5cm。

一晩、ひとりでよく耐えた…と思いました。

そこから2~3時間は同じような痛みの状況が続き、陣痛の波がない間は、まだ楽しくおしゃべりできる程度の痛みでした。

子宮口が8cmくらいまで開いてからは、意識が朦朧とするような痛みでした。

そこからは痛すぎて、正直あまり覚えていませんが、産むときの痛みよりも陣痛の方がひどかったという印象が強く残っています。

著者:ma—chan

年齢:29歳

子どもの年齢:0歳4ヵ月

初めての育児に奮闘している育休中のママです。夫はいわゆるイクメンで、子どものお世話に家事も手伝ってくれて、とてもありがたく思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

義母に感謝!?嘔吐しながらの陣痛でも、気持ちで耐えることができました
陣痛ってどんなもの?初めての出産、変化していく痛みの経過を追った実録レポート!
仰向けで内診中の陣痛はノーガードすぎて…!痛みを受け止めきれず大パニックに by たら実

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP