ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2016 : Samsung、スティック型の全天球VRカメラ「Gear 360」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung は 2 月 21 日(現地時間)、MWC 2016 イベントの開幕に先立ち行ったプレスカンファレンスにおいて、Galaxy S7 や Gear VR とも連携する全天球 VR カメラ「Gear 360」を発表しました。発売時期は 2016 年 Q2 です。Gear 360 は、球体のボディとグリップを備えた小型のスティックカメラで、球体の部分には 1,500 万画素の魚眼レンズカメラを 対にして 2 つ搭載しており、360 度ビューの写真や動画を撮影することができます。筐体サイズは 66.7 x 56.2 x 60mm、質量は 153g と比較的軽量です。内部には加速度センサーとジャイロスコープを搭載するほか、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.1、NFC に対応しています。バッテリー容量は 1,350mAh で、Micro USB 経由で充電します。動画は 3,840 x 1,920 ピクセル @ 30fps(H.265)で撮影でき、静止画は最大 7,776 x 3,888 ピクセルで撮影できます。カメラ 2 つで撮影することのほかにも、カメラ 1 つで通常の写真を撮影することもできます。記録した動画は Micro SD カードに保管することのほか、アプリを介してスマートフォンに転送することもできます。また、本体には 0.5 インチ 72 x 32 ピクセルの PMOLED ディスプレイがあり、カメラ単体で設定を切り替えることができます。Source :

■関連記事
MWC 2016 : Lenovo、$149の低価格スマートフォン「Vibe K5 Plus」を発表、Dolby Atmosやリアデュアルスピーカーを搭載
MWC 2016 : Samsung、新フラッグシップ「Galaxy S7」「Galaxy S7 edge」を発表、3月中旬より発売
MWC 2016 : HP、スペック・拡張性の高いビジネス向けWindows 10 Mobileスマートフォン「HP Elite X3」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP