ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

85歳にして現役。ウォーレン・バフェットが語る、可能な限り働き続けるべき3つの理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

リタイヤするまでの日数を数えてませんか?ウォーレン・バフェットは、そんなことはするべきではないと考えています。85歳にして現役。「オマハの賢人」に退職する予定などありません。

ここでは彼が考える「退職を考え直す理由」のトップ3を、「Inc.com」に掲載されたMINDA ZETLIN氏の記事から紹介します。

01.
働き続ければ
それだけお金が増える

もし、あなたが億万長者で、必要なお金に困らないのだとしたら当てはまりません。が、定年を迎えたあとも働き続ければ資金が増えます。

楽しむためにはもちろん、社会経済の激変にも対処できます。一方、定年退職したら使えるお金は限られています。その後に得られるのは、貯金か投資で得た収入のみ。長生きすれば、医療費も高くつきます。

02.
とにかく、仕事好きになるべし

仕事を本当に辞める必要があるのか、年齢に達しただけというだけで決断していいのか問いかけてみてください。バフェットは仕事が大好きで、「仕事には毎日タップダンス」しながら向かっています。それだけ楽しいなら、やめる必要はありません。

仕事が好きでなければ、確かに何かを変える必要があります。しかし、その選択肢は退職だけではありません。

03.
何年もの努力の積み重ねで
今ある能力は構築されている

リタイアするということは、自分が積み重ねてきた経験や専門知識を本棚にしまいこんでしまうのと同じです。

全米人材マネジメント協会による調査によれば、経営者たちは、今まで年配社員に必ずいた、ものすごい知識を持つ社員が減っていると認識。ベビーブーム世代のリタイアと同時に膨大な知が失われてしまうのではないか、と懸念しています。

もし、間近に定年退職が迫っているのであれば、それを機に仕事のスケジュール、条件などを自分に合うように交渉してみるとよいでしょう。

たくさんの選択肢がある時代です。定年後に短時間正社員になる人もいます。働きたい時間、休日などを自分に合うように交渉し、コンサルタントになり、自分の好きなときだけ働く。もしくはボランティアとして関わってもよいでしょう。どれを選んだとしても、充実した時間になるでしょう。自分の家にこもって生活するより、暇を持て余すことなく過ごせるはずです。

Licensed material used with permission by Inc.com

関連記事リンク(外部サイト)

2016年の運勢を星座で占う!第1位は・・・
仕事がはやい人に共通する「5つの習慣」
優秀な部下が仕事を辞める「9つの原因」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP