体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外旅行中にノマドワーカーするなら知っておくべき5つのこと

インターネットが広く普及する現在。パソコンをうまく活用し、フリーランスとして仕事をする人々も増えているのではないでしょうか?

かくいう私も、その1人なのです。フリーランスとして仕事をしながら、ウクライナからコーカサスや中央アジアを旅をした、ノマドバックパッカーなのです。

そんな私が、ノマドとして働きながら旅をするにはどのようなことに気をつければ良いか、実体験を交えて執筆してみました。

 

1.インターネットは必須!

10671320085_98b69658b4_k

Photo by Alejandro Pinto

フリーランスにとって、快適なインターネットは何よりも大事なもの。インターネットの速度が遅かったりつながりが悪いと、どうしても仕事の速度が遅くなってしまいます。

ですから宿泊施設に泊まる時は、値段と同じように、ある程度設備が整っていることを重視します。特にWi-Fiについては、必ず宿泊施設のスタッフに確認しました。

信頼できるWi-Fiと自炊出来るキッチン、レストランやスーパーなどの周辺施設の確認も重要です。働く時間を無駄にしないためには、インターネットを使って出来るだけ事前に調査しておきましょう。

国によっては、ネット速度が超遅かったり、特定のウェブサイトが見れないなど規制がかかっていることもあります。ですから事前にしっかりと調べておきましょう。

 

2.コワーキングスペースをうまく活用

コワーキングスペースをうまく活用

photo by shutterstock

フリーランスとして働くと、自由であるゆえに、ついダラダラと作業をしてしまいがちになります。旅先で街をぶらぶらとしているうちに、いつの間にか時間が経ってしまって仕事ができていない…なんてことも。

そんな時は、コワーキングスペースを活用するのがオススメです。自分と同じようなノマドワーカーが集まっているので、自然と仕事に集中しやすくなります。

カフェなどで作業するのも良いですが、隣の人たちのおしゃべりやざわつきが気になって集中できないこともあります。コワーキングスペースでは、周りの人たちも集中して作業していることが多いので、俄然仕事がはかどります。

同じ環境で働いているノマド仲間と情報交換もできるので、新たな仕事につながる可能性もあります。またそこでできた仲間と一緒にグループツアーを組むなんてのも楽しいでしょう。

 

⒊オフライン環境に備える

6592778831_429271de73_b

Photo by MIKI Yoshihito

旅先でオフライン環境になってしまうのはよくあることです。先ほども述べたように、ノマドにとってインターネット環境はかなり重要なもの。ですからオフラインになってしまった時のために出来るだけ準備をしておくことが大切です。

オススメなのは、旅先で低価格の3G対応SIMカードを購入することです。SIMカードは大抵どんな国でも購入できます(無料でもらえることもあります)。それをSIMフリーの携帯端末に差し込み、チャージするだけですぐに使えます。

これで電波さえあれば、デザリングをして、移動中でも作業が可能になります。宿泊施設のWi-Fi環境が悪い時は、携帯電話のデザリングでも対応できるので安心感が増します。

 

⒋時間管理をしっかり

12308686125_8fb4cc541a_k

Photo by Deni Williams

旅中、移動が多くなると、仕事のための作業時間が減ってしまいます。ですから時間を有効に使って効率良く作業をすることが大切になってきます。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。