体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水彩のように色鮮やかなシルクスクリーンプリントTシャツ「undetroze」

生活・趣味

「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色ずつ、版画のようにプリントを重ねるのが一般的ですが、同ブランドはあえて一回の刷り込みに複数のインクを使用。

偶発的な混色を利用して、世界にひとつしかないTシャツを作ります。

水彩のように色鮮やかなシルクスクリーンプリントTシャツ「undetroze」

特徴はその色鮮やかさ。原色を使用せずに、インクをいちから調色しており、ボディの色味や質感にしっくりと馴染む水彩画のようなカラーデザインに。実際の商品がコチラ。

水彩のように色鮮やかなシルクスクリーンプリントTシャツ「undetroze」

代表的なのは、シンプルなミニマルアート・幾何学模様・タイポグラフィを基調としたカラフルなグラフィックや、絶妙なバランスに混ざったマーブルカラー。繊細な縞模様との組み合わせも◎。そのほか、アーティストとのコラボも。

水彩のように色鮮やかなシルクスクリーンプリントTシャツ「undetroze」 水彩のように色鮮やかなシルクスクリーンプリントTシャツ「undetroze」 水彩のように色鮮やかなシルクスクリーンプリントTシャツ「undetroze」

さらに、生地・型には、「久米繊維工業株式会社」と共同開発した最高品質のものを使用しています。タイトでありながら、首もとはゆったり。なめらかな肌触りや着心地はもちろん、よれにくい仕様に。

同社は「ものを永く大切にする文化」や「人と地球にやさしいTシャツづくりと文化振興」を基本方針とし、環境負荷低減における国際標準規格「ISO 14001」の認証を取得した企業。2015年1月に80周年を迎えた老舗です。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会