ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

水彩のように色鮮やかなシルクスクリーンプリントTシャツ「undetroze」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「undetroze(アンデトローゼ)」は、日本製のTシャツにシルクスクリーンプリントを施した一点物ブランド。この印刷方法を使って多色刷りをする場合、1色ずつ、版画のようにプリントを重ねるのが一般的ですが、同ブランドはあえて一回の刷り込みに複数のインクを使用。

偶発的な混色を利用して、世界にひとつしかないTシャツを作ります。

特徴はその色鮮やかさ。原色を使用せずに、インクをいちから調色しており、ボディの色味や質感にしっくりと馴染む水彩画のようなカラーデザインに。実際の商品がコチラ。

代表的なのは、シンプルなミニマルアート・幾何学模様・タイポグラフィを基調としたカラフルなグラフィックや、絶妙なバランスに混ざったマーブルカラー。繊細な縞模様との組み合わせも◎。そのほか、アーティストとのコラボも。


さらに、生地・型には、「久米繊維工業株式会社」と共同開発した最高品質のものを使用しています。タイトでありながら、首もとはゆったり。なめらかな肌触りや着心地はもちろん、よれにくい仕様に。

同社は「ものを永く大切にする文化」や「人と地球にやさしいTシャツづくりと文化振興」を基本方針とし、環境負荷低減における国際標準規格「ISO 14001」の認証を取得した企業。2015年1月に80周年を迎えた老舗です。

両者には、一点物や国産Tシャツに対する考え、そして環境への配慮という点で、共鳴するところが。そうして始まったTシャツボディ開発プロジェクトが「KO-DA」です。

デザイナーの増田怜欧氏は、こんなことを話してくれました。

「KO-DAは、熟練技術を持った職人の手によってつくられています。Tシャツが完成するまでには、生地から、裁断、縫製など何十もの工程を、何人もの人が手を加えて、やっと形になっていきます。こんなストーリーがある温かいTシャツが、どこか遠い国ではなく、この日本でつくられています。世界にひとつしかない偶然性や、人の手でつくられている温もりを、少しでも感じてもらえたら幸いです」

Tシャツって、ちょっとだけ自己主張したくなる場所でもありますよね。その点、自分だけの色を探すには、いい選択肢になるかも。

「undetroze」のアイテムはオンラインストアで購入可能。価格は税込・送料別で3,750円から。ここで紹介したもの以外にも、いろいろなデザインやバッグなどを確認できます。実際に手にとって見てみたい人は、取り扱い店舗や出展情報をチェックしてみてくださいね。

Reference:久米繊維工業株式会社
Licensed material used with permission by undetroze

関連記事リンク(外部サイト)

「蜷川実花×道後温泉」のコラボがついに本格始動
「ULTRA JAPAN2016」が開催決定 先行チケット第一弾は5時間で完売!
180秒で「ウェディングドレス100年の歴史」がわかる動画

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。