ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWC 2016 : Haier、ラウンドウォッチフェイスの新型スマートウォッチ「Haier Watch」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の家電メーカー Haier が MWC 2016 イベントの開幕に先立ち、Android ベースの新型スマートウォッチ「Haier Watch」を発表しました。Haier Watch は、1.4 インチ 400 x 400 ピクセルのラウンドディスプレイを搭載したスマートウォッチです。OS 仕様は発表されていませんが、プレス画像を見る限り、Android Wear ではなく Android をベースにした独自のファームウェアを搭載している模様です。外観は Huawei Watch を思わせる仕上がりで、IP56 の防滴・防塵に対応するほか、背面には光学式の心拍センサーを搭載しています。基本的には Android / iPhone とペアリングして利用する製品です。このほか、1GB RAM、8G ROM、マイク、スピーカー、Bluetooth v4.0 などを搭載しています。Source : Haier

■関連記事
MWC 2016 : LG、歴代最大の進化を遂げた新フラッグシップ「G5」を発表、モジュラーデザインで機能の拡張が可能に
ポッドキャストアプリ「Player FM」がv3.1.0.3にアップデート、日本語に対応!
Galaxy S7 edgeのパッケージデザインの画像

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。