体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『クマのプーさん』はやっぱり男の子だった件

「クマのプーさん」はやっぱり男の子だった件

今回はアサイさんのブログ『紺色のひと』からご寄稿いただきました。

『クマのプーさん』はやっぱり男の子だった件

8月24日、『Twitter』で「クマのプーさんは実は女の子だった」という説が話題になっていました。びっくりされた方が多かったようで、たくさんリツイート(発言転載)され広まったようです……が、プーさんはまぎれもない男の子です。原作の絵本と英語の原著に当たって、この説の検証を試みました。

結論を急ぐ方のために
*****
・原作ではプーさんは男の子として書かれている
・クリストファー・ロビンがそう言ってるから間違いない
・ディズニーのプーさんより原作挿絵のほうがかわいいから原作読もう!
*****

「実は女の子」の噂の出所は?

話題に気付くのが遅れてしまったので、発言元を検証していた2スレ781さんのタイムラインを参考にさせて頂こうと思います。
『Twitter』で広まったのは、どうやらこちらの発言。

島田紳助の芸能界引退もビックリだけど、くまのプーさんが女の子だったのも更にビックリ!!

http://twitter.com/#!/nori73/status/106155518174830592

25日22時40分現在、613人にリツイートされています。
またこの方の発言と同じような内容を発言している方もおり、それがさらにリツイートされ……と、拡がりは留まるところを知りません。

この発言の元になっていたのは、日本テレビ系列『ZIP!』*1 という番組の『相武紗季ナビゲート』というコーナーであり、ここでプーさんの話題を取り上げていたことが発端であったと推察されます。僕は当該番組を見ていませんが、そこで「実は女の子」という発言があったのでしょう。
「知られざる!くまのプーさんの雑学-NEVERまとめ」*2 等のウェブページにも同様の記述があり、気になって検索した方が根拠として紹介する例もあるようです。

*1:『ZIP!』8月24日放送 5:50 – 8:00 日本テレビ 『TVでた蔵』
http://datazoo.jp/tv/ZIP%EF%BC%81/507602
*2:「知られざる!くまのプーさんの雑学[チーズが嫌い]」2011年08月26日『NAVERまとめ』
http://matome.naver.jp/odai/2130146289463244501

また、「ショック!なんとプーさんは女の子だった?Twitterで意外な憶測飛び交う」*3 では「原作ではどちらかというと女の子っぽい設定であったプーさんは、ディズニーがアレンジを加え男の子になってしまったというのが通説のようだ」などという記述も見受けられます。
25日現在、2ちゃんねる等にもお話が拡大しているようです。

*3:「ショック!なんとプーさんは女の子だった?Twitterで意外な憶測飛び交う」2011年08月24日『秒刊SUNDAY』
http://www.yukawanet.com/archives/3912458.html

どうして女の子とされてしまったのか?

プーさんが女の子とされている大きな理由は、原著のタイトルでもあるプーさんの本名“Winnie-the-Pooh”、ウィニー・ザ・プーすなわち“プーのウィニー”の“ウィニー”が女の子につけられる名前だから、です。
上記リンク先の中には「しかも原作では、メス設定なんだとか」という記述もあり、よりいっそうの混乱を招いています。
でも、原作にメスの設定なんてあったかしらん? このあたりをはっきりさせるべく、慣れ親しんだ原作絵本と原著をひもときました。

トップの画像は、たまたま実家の本棚に埋もれていた『クマのプーさん』原作童話と、その原著ペーパーバック。

日本語訳『クマのプーさん』での扱い

その前に、原作『クマのプーさん』がどのような物語の構成になっているかを説明しておきましょう。
本著の作者A.A.ミルンはイギリスの作家です。『クマのプーさん』は、彼が自分の息子のクリストファー・ロビンに、クリストファーお気に入りのクマのぬいぐるみとクリストファー自身を主人公にした物語を語り聞かせる――というお話です。物語は、クリストファーが“ぬいぐるみの”プーさんをひきずって階段から降りてくるところから始まっています。

1 2次のページ
エンタメ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。