体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

数々のバトルにも参戦するフィメールMCあっこゴリラ 異色のキャリアを持つ彼女のソロ作 破壊力は野生レベル!

数々のバトルにも参戦するフィメールMCあっこゴリラ 異色のキャリアを持つ彼女のソロ作 破壊力は野生レベル!

筆者が最初にYouTubeで見た彼女のラップは、紙芝居をしながら兄への愛をスピットするという、それまでに見たことの無いスタイルだった。

https://youtu.be/HkDpxoy8z4Y

その、あまりにも前代未聞なラップを聴かせる彼女の事を調べると、メジャーでも活動していたガール・ポップ/ロック・バンド:HAPPY BIRTHDAYのドラマーだった事が判明。非常にポップ度の高いサウンドを聴かせていたガールズ・バンドと、摩訶不思議なラップ・スタイルを提示するあっこゴリラの姿は中々結びつかなかったのだが、そのキャリアについて彼女はこう話す。

「HAPPY BIRTHDAYのライヴの時に、アンコールでのおふざけみたいな形で、『あっこゴリラ』っていうキャラクターでラップをするっていうのを、3~4年前からやってたんですよ。世代としてJ-POPの中にヒップホップがあった世代だったので、ラップをやる事にも抵抗はなかったし、ビート感はラップとドラムは近かったので、その時から『我ながらラップの筋がいいなと思ってて』(笑)。平行して個人的にも、ストレスのはけ口として『○○殺す!』みたいなラップを、誰に聴かせるわけでも無くGarageBandでビートメイクしてラップを録ったりしてたんですよ。それは、自分自身が中学生の時に、頭の中がカオスになっちゃって爆発しそうになってたのを、ドラムを叩いて発散してたっていうのと、行動としては近かったのかなって(笑)」

そして、2015年4月にHAPPY BIRTHDAYが解散して以降、あっこゴリラとしての活動を本格化させていく。

「HAPPY BIRTHDAY時代からの知り合いが、私がラップをやってるって事で、ラッパーのKEN THE 390さんに引き会わせてくれたんですよ。だけど、まだラップ・カルチャーにしっかり接する前だったから、『私もラップやってるんですよ!YOYO!』みたいな、かなり鬱陶しい感じで絡んじゃって(笑)。それで『私、度胸だけはあるんで!』みたいな事を言ったら、KENさんが『じゃあ、バトルに出てみれば?』ってアドバイスしてくれて。バトルが何かもよく知らないし、フリースタイルもやったこと無い、ヒップホップ現場にも行った事が無かったんだけど、『ダイジョブっしょ!』ってノリでMCバトルを検索したら、『罵倒』が一番近い時期にあったんで、ノリでエントリーしたんですね』

『MC BATTLE THE 罵倒』は、現在のMCバトル・シーンを牽引する有名バトルであり、しかも、かなりハードコアなバトルである。

「それで予習の為に罵倒のバトルをYouTubeで観たら『え……えええ!怖ええ!』みたいな(笑)。でも、バックレる訳にも行かないから、会場に行ったら、更に怖くて!」

念のため言っておくが、バトル現場は緊張感はあるものの、決してバイオレンスな状況ではない。しかし、女性一人でほぼ男だらけ/ラッパーだらけの中に参入するのは、確かにビビる気持ちは十二分に理解できる。

「怖すぎて3回吐きましたもん(笑)。バトルもパニックになっちゃって、ギャーギャー叫んでるだけになっちゃったんですけど、なんとか本戦に進めて。そこからは緊張も解けてカマすことが出来て、CHICO CARLITOさんと戦ったり。そこで『戦極MCBATTLE』を運営してるMC正社員さんに出会って、その縁で『戦極』にも出場して……って感じですね。それからヒップホップの現場にもライヴで呼ばれるようになって、本格的にヒップホップ・カルチャーに入っていきました。その中でも、KMCのライヴに喰らって、『これが本物のラップ・ライヴか!』って。そこから紙芝居も止めて、ラップだけでライヴするようになりました。今も、現場で鍛えられてる最中ですね」

https://youtu.be/maEEPGmIwnk

1 2次のページ
AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。