ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「最強の素人であり続ける」中田英寿、日本酒セラーを作る理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

J-WAVEの番組「SEIBU SOGO CREADIO」(ナビゲーター:佐藤オオキ・クリス智子)。2月21日のオンエアでは、中田英寿さんが登場します。

幅広い分野でさまざまな挑戦を続ける中田さんですが、今回、ナビゲーターでありnendoの佐藤オオキさんへ、自身がプロデュースする「日本酒セラー」のデザインをオファーしたとか。

実は、これまで250もの酒蔵を訪れたという中田さん。ちなみに日本の酒蔵は全国に1200~1300ほどもあるそう。いろいろな蔵をまわる中で中田さんが気になったのは、温度管理。酒蔵では日本酒を貯蔵庫で低温保存している一方、店や一般家庭では温度管理が難しいこともあり、常温で置かれてしまっていることが多いことが現状だったのです。

そこで、ワインには「ワインセラー」というプロダクトがあることで、人がワインを管理するようになることに着目した中田さんは、「日本酒セラー」を作ろうと思ったそう。

「プロダクトっていうのは、時には教育以上に情報を伝えるスゴいツールになるんじゃないかなって思った」(中田さん)

番組では、中田さんがさまざまな事に興味関心をもち、チャレンジしていく原動力に迫ります。「どの業界にも本気で足を突っ込まないのは、最強の素人であり続けるため」と話す理由は? そして今、挑戦したいデザインとは? 今夜のオンエアをどうぞお楽しみに!

【関連サイト】
「SEIBU SOGO CREADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/creadio/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP