ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

44才女性 卵子凍結から体外受精に成功するまで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女性の晩婚化が止まらない。2000年に27才だった平均初婚年齢は、2013年に29.3才に。第一子出産時の母親の年齢も、28才から30.4才になった。

 晩婚で女性の初産時期が遅くなり、日本は不妊治療大国になった。そんななか、2月上旬に報じられたあるニュースに、女性たちがざわめいた。

〈44才女性のA子さんが冷凍保存した卵子で妊娠・出産に成功!〉

 これまで、凍結卵子を用いた出産は、がん治療と妊娠・出産の時期が重ならないようにするため、など医学的な理由によるものが主だった。

 ところが、A子さんは体を患っていたわけではない。仕事が忙しくて結婚や出産の機会に恵まれない生活を送るなか、いずれ子供を産めるようになったときを思い、卵子の凍結に踏み切った。その後、結婚を経て、昨夏に女児の出産に至ったのだ。

『卵子老化の真実』(文春新書)の著者で妊娠・出産に詳しいジャーナリストの河合蘭さんはこう話す。

「女性の社会進出が進んで結婚が遅くなっている今、卵子老化が心配な女性が卵子凍結を望むのは、もはや止めることのできない流れです。今後、A子さんのような出産はじわじわ増えるでしょう」

 A子さんが、大阪市にある「オーク住吉産婦人科」を訪れたのは、4年前のことだった。主治医の船曳美也子医師が振り返る。

「A子さんが初診でいらっしゃったのは2011年。当時は40才の独身で、結婚を考えているパートナーがいらっしゃったようです。A子さんは筋腫があるなど妊娠しづらい体質でしたが、“どうしても子供がほしい”という思いが強く、当院だけでなく、他の病院にも行かれていました。

私は最初に“できることから始めましょう”と呼びかけました。看護師のA子さんには医学的知識があるので、理解が深かったこともあり、卵子凍結などの治療にも積極的に取り組み、最終的に初診から2年間で8個を凍結保存されていました」

 これは平均よりずいぶん少ない数だ。通常は1回10~15個の卵子を採取できるが、卵巣機能が低下していたA子さんは、1回につき1~2個しか採取できなかったという。

「一度に採取する卵子の数が多いほど、体外受精のチャンスが増えます。A子さんは卵子の数を増やすために採卵を繰り返した分、費用もかさんだのだと思います」(船曳医師)

 同院の場合、1度に10個採卵した卵子を5年間保存すると50万円ほどの費用がかかる。解凍後の顕微授精などに15~20万円程度、体外受精は1回につき50万円ほどを要する。

 A子さんは卵子を凍結するだけでなく、体内から採取した新鮮な卵子を利用する体外受精も何度か試みており、同院での治療費用は総額で数百万円に達したという。それだけではない。彼女は他誌の取材でこう話している。

《私は一回に一~二個しか採取できない。だから手術しては次の手術費用を貯め、また手術してはお金を貯める。病院は三ヶ所回り、合わせて十数回は採卵手術をしています》(『週刊文春Woman 2016新春スペシャル限定版』)

 総費用は数百万円を超えていると推測される。さらに彼女は、通院時間を確保するためにフルタイムの勤務をやめ、勤務先に近いクリニックを探すなど、生活の上でも重荷を背負った。

 毎日新聞が伝えたところによると(2月2日付)、A子さんは父親を早くに亡くし、実家の家計を支えるために働きづめの毎日だった。しかも家族の関係は良好とはいえず、温かい家庭に強く憧れていた。そんな彼女は40才が近づくにつれて、“このままでは子供ができない”と思い悩み、卵子凍結を求める「卵活」を決断したのだった。

 その後、42才で結婚したA子さんは夫の協力を得て、41才の時に摂取した卵子凍結を用いた体外受精に臨み、数度目のトライで妊娠に成功した。そして昨夏、体重2534gの女児を出産した。

 自身も不妊に悩んで体外受精を何度も試み、44才で初めて出産したという船曳医師が振り返る。

「A子さんの妊娠がわかって私たちは歓喜しましたが、彼女は“高齢出産の女性の場合はまだ何があるかわからない”と慎重でした。だからこそ、実際に出産したときは心から喜んでおられたと思います」

 体外受精を幾度も失敗したA子さんがついに成功したのは、やはり「卵子の老化」がポイントであると船曳医師は指摘する。

「妊娠率は32才くらいから減り始め、37才くらいから年を追うごとに急減します。40才を超えるとたった1才の違いでも卵子の妊娠する能力がかなり衰える。A子さんが少しでも若い卵子を使ったことは、今回の成功要因の1つでしょう」

 現在、同院では229人の卵子を凍結保存している。

「いつかは子供がほしいけど仕事や親の介護が忙しいという女性、パートナーの同意がなく、すぐには産めないという女性…卵子凍結を選択したのはそうしたかたばかり。実際に出産するまでに卵子が刻一刻と老化していくため、少しでも将来の妊娠の可能性を高く保持しておきたいというかたが多いですね」(船曳医師)

 これまで同院では凍結卵子を30代後半以降の10人以上が使用し、実際に出産に至ったのはA子さんだけだ。卵子を凍結した人の年齢がもう少し若ければ可能性は高いのだという。

※女性セブン2016年3月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
卵子凍結の初期費用70万~100万円 保管料年間1万円超の例も
高齢出産のギネス記録は66才スペイン人女性 日本人では60才
マイナス196℃の卵子凍結「理論的に数十年劣化せず」と医師

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。