ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

40周年角川映画 りえ等女優だけでなく井筒ら監督も育てた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1976年の『犬神家の一族』から始まり、『セーラー服と機関銃』、『時をかける少女』など日本の映画史に残る数々の名作を作ってきた角川映画も、今年で40周年。2016年1月にはそれを記念して廉価版のDVDが一挙30作発売された。いま見ても新しい、角川映画の魅力を紹介する。

「角川映画の凄さは、何といっても“メディアミックス”の手法を確立したところ」そう語るのは、日本アカデミー協会員でもある、お笑いコンビ・シンデレラエキスプレスの渡辺裕薫さん。

「いわゆる角川さんは出版社さんで、人気作家がいっぱい。映画がヒットすれば原作の単行本も売れ、それがテレビで放映されてさらに人気が出る…という一連のサイクルを確立し、大手の映画会社に対抗しました」

 また、出演している女優も大変魅力的だったと、芸能・ノンフィクションライターの石田伸也さんは振り返る。

「薬師丸ひろ子さん(51才)、原田知世さん(48才)はもちろん、宮沢りえさん(42才)も角川映画がきっかけで女優の道へ。『僕らの7日間戦争』を撮り終わった後、高校には行かずに女優になろう、と決心したそうです」

 女優だけでなく、角川映画は監督も育ててきた。

「森田芳光監督(享年61)や井筒和幸監督(63才)など、新人監督を次々と起用。当人にとって下積みがなく、予算も潤沢な角川映画は魅力的でした。その一方、当時の社長だった角川春樹さんは若手監督に厳しく、ラッシュ(映像を簡単につないだもの)を見て“違う”と思うと社長室に呼び出すことも。そんな環境で“職業監督”としての力をつけたかたがたが、のちの日本映画を支えてきたのです」(渡辺さん)

※女性セブン2016年3月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『セーラー服と機関銃』主演の橋本環奈が純白ドレスで「快感」
初ベッドシーンの深田恭子 裸の背中はか細くしなやかだった
授賞式で再会、綾瀬はるか&広瀬すず 姉妹のように仲良い姿

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP