体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ひなまつり かりふわ<いちご味>』3月3日桃の節句は新食感あられでパーティー!

かりふわCR6_3070

雪の宿やチーズアーモンドで知られる三幸製菓から、3月3日雛祭りパッケージのお菓子が発売中! 『ひなまつり かりふわ<いちご味>』は、昨年春に発売された「かりふわ」シリーズの期間限定風味。子どもたちが大好きな苺をたっぷり楽しめるフレーバーだ。

雛祭りには、なぜ雛あられを食べるの?

女の子のイベント「雛祭り」は、桃の節句。雛あられはこの3月3日に供えられる節句菓子で、古くから日本人に親しまれてきた和菓子だ。昔は雛祭りは海や川などにおでかけする習慣があったそうで、雛あられはそこに持っていって食べるためにコロンとした食べやすい形だったとか。現代でもおうちで雛まつりパーティーをする人は多く、雛あられは定番中の定番。今年も、そろそろ準備をしておきたいところ。

 

「かりふわ」は、カリカリとふわふわが同時に楽しめる新食感あられ!

かりふわCR6_3064

三幸製菓といえば、誰もが一度は食べたことのある「雪の宿」を生み出した老舗企業。あの独特な甘じょっぱさと、ふわふわの食感は忘れられない。そんな三幸製菓が2015年春に新発売した新しいあられがこちらの「かりふわ」シリーズ。

 

昨年はポップコーンブームが巻き起こり、子供たちはみんなカリカリさくさくのフレーバーポップコーンに夢中になっていた。が、あられも負けてはいない。「かりふわ」は、あられなのに「クラッシュアーモンドのカリッ!」と「今までになかった食感がフワッ!」を共存させた斬新な和菓子。ノーマルの「かりふわ」は焦がしアーモンド味で、つぶつぶいちご味も発売している。

かりふわCR6_3071
1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。