体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

何これ欲しい!レゴのようにブロックを積んで建てる「PopUp House」

下の動画では、0分30秒から実際に建築していく様子が確認できますが、出来上がりもイイ感じ。さっそく見てみましょう。

まるで「レゴ」
ブロックを積んで建てる家!?

何これ欲しい!レゴのようにブロックを積んで建てる「PopUp House」 何これ欲しい!レゴのようにブロックを積んで建てる「PopUp House」 何これ欲しい!レゴのようにブロックを積んで建てる「PopUp House」

この建物に使われているのは、基本的に木材・EPSブロック(発泡スチロール)・ネジのみ。150㎡ほどの面積がある家ですが、フレームの組み立てに必要な時間はたったの4日間だったそう。

中には、キッチン、ダイニングエリア、リビングルーム、テラス、ふたつのバスルーム、オフィス、ベッドルーム、そのほかふたつの個室が含まれています。再利用可能な素材で作られており、低コストでエネルギー効率がよく、雨風にも強いのだとか。建て方がまるで積み木でもしているかのように見えるのが特徴的。

何これ欲しい!レゴのようにブロックを積んで建てる「PopUp House」

フロア用のフレームを組みます。

何これ欲しい!レゴのようにブロックを積んで建てる「PopUp House」

次に、ブロックを設置。持ち運びが楽チンで、重機などを使う作業が必要ありません。

何これ欲しい!レゴのようにブロックを積んで建てる「PopUp House」

ドライバーを使ってネジを締め、固定。

何これ欲しい!レゴのようにブロックを積んで建てる「PopUp House」

木材を張って土台をつくっていき、

何これ欲しい!レゴのようにブロックを積んで建てる「PopUp House」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。