ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

定番のあの資格から盲点だったあの資格まで!本当に稼げる国家資格はこれだ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

資格の中でも国が基準を設定しているという点で信頼のある国家資格。ただ国家資格も医師から美容師まで色々ありますよね。ここでは国家資格の中でも特にお金になりそうなものを集めてみました。これから国家資格取得を目指すガッツのある皆さん、是非参考にしてみてください。

合格率・合格までにかかるコストと資格取得後に想定される収入とを考えた本当に稼げる国家資格


ファイナンシャル・プランニング技能士

資産に応じた貯蓄・投資等の相談に乗ったり今後のプランニングをする際に必要な技能を認定する国家資格です。一般的にFPと呼ばれている方たちですね。日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が認定する民間資格としてAFPやCFPなどもあるので注意してください。保険の営業の方が取得されるパターンが多く、資格があるのとないのとでは顧客からの信頼感も違ってくるため年収アップを期待できます。企業によっては資格手当てが出ることも。金融・不動産系の職業では持っていたい資格のため、そちらのお仕事をされている方にはお勧めです。プライベートでも自分の保険の見直しや住宅ローンの見方など、お金に強くなるというメリットも。ONでもOFFでも利用できるコスパのいい国家資格です。

社会保険労務士

企業経営は「人・モノ・金・情報」で成り立っていますが、社労士はそのの「人」に関わるスペシャリストになります。行政機関への提出書類の作成・手続き代行、・事務代理と事業所に備え付けが義務付けられている帳簿書類の作成は社会保険労務士でないと出来ない仕事なので、多くの会社で評価される傾向が強いです。サラリーマンとしても社内の評価は高まりますが、稼ぐとしたら開業がおすすめです。顧問とする会社が増えれば増えるほど収入が上がっていくので、頑張り次第でどんどん稼げるお仕事です。

中小企業診断士

経営コンサルト関連の唯一の資格が中小企業診断士です。中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家として、一定以上の経営に関わる会計や法律、企業運営など幅広い分野における知識を持つ人に与えられる資格です。平均年収が800万円から1000万円と高額で、ニーズも安定して高い資格です。公認会計士や税理士とのダブルライセンスでさらに高収入も得られる可能性もあります。パフォーマンスはとてもいいですが、合格率は比較的低く講座費用も高めなため集中して勉強をしないとコストばかりかかってしまうはめになるので注意が必要です。

宅地建物取引士

一般の方には煩雑で難しい不動産取引を公正に行うため、特に重要な項目について不動産取引に関する専門知識を持った有資格者に説明を義務付けられた資格になります。不動産取引には不可欠な資格になるため、不動産業界では絶対的なニーズがある資格です。しっかり勉強をすれば取得できる資格であり独学も可能であるため、コスト面は安く抑えられます。有資格者には資格手当を出す会社も多いためパフォーマンス面も期待できる資格といえます。

平均年収1000万を超える国家資格


弁護士

民事訴訟では、原告・被告等の訴訟代理人として主張や立証活動等を行います。破産や民事再生、会社更生法の申請などの法的倒産処理手続やこれに関連する管理業務などの法律事務を行い、関連する法律相談も行います。また刑事訴訟では、弁護人として被告人の無罪を主張し、あるいは適切な量刑が得られるように、検察官と争う言わずと知れた超難関の国家資格です。司法試験に合格し、研修期間も経て約2年後の試験合格後弁護士となります。司法試験の受験資格としては法科大学院を卒業するか予備試験に合格する必要があります。大学院受験には大学卒業が必要です。受験資格を得ても、その後5年以内に3回しか受けられませんので資格取得までに10年コースはざらです。コスト面でも法科大学院対策の予備校、法科大学院、試験対策の予備校、合格後の研修期間プラス大学の学費となると相当なものになります。しかし有資格者の平均年収は1000万円以上。強い意志と収入源の検討も踏まえた長期的な取得までのプランを実行できれば夢ではないかもしれません。

医師

医師法に基づき医療行為に従事できるこちらも超難関の資格です。医学部は国公立・私立含め全国に約80校あります。普通に臨床医としてやっていく&お金に糸目をつけないのであればまだ比較的入りやすい私大の道があります。経済的なのはやはり国公立でしょう。地方の国公立であればまだ入りやすい大学はちらほらありますが、研究をバリバリやって名を上げたいとなると旧帝大系の最難関コースになります。6年間大学で学んだ後、研修医として研修期間が始まるので大学入学後10年くらいで医師として働きだすイメージでしょうか。現役合格でない限り医学部専門の予備校に通いますので、そこから考えると15年くらいかかるのも不思議ではありません。また、晴れて大学に入れたとしても医学博士を取得できない人もちらほら。ただし年収は1200~1500万円が平均となり、開業医の場合はこれよりも高くなるので、なった暁にはかかったコストは早くリカバーできるでしょう。

稼げる資格もモチベーション次第。自分の意思を確立しよう!

短期間であれ、長期間であれ稼げる国家資格を取得するためにはしっかりした勉強が必要なのはどの資格にも共通することです。また、より稼げるものとなるとより難しいものとなっていくので強い意志も必要になっていきます。資格取得を目指す前にしっかり自分の意思を見極めることが大切ですね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP