ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国家資格があると有利になる職業とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国家資格は一見とても難しそうで敬遠してしまいがちですが、中には簡単に取れるものもあります。国家資格がなければその職業につけないものもあれば、持っていると就職が有利になる職業もあります。せっかくの国家資格、取得を目指して就職を有利にしてみませんか?

持っていると有利になる国家資格


ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランニング検定は、節約から税金・投資・住宅ローン・不動産・教育・老後・相続までにいたる、お金に関するエキスパートになります。幅広い範囲を扱うことができるので、自分の可能性を広げることができます。自らの資産運用にも役立てることができます。

運転免許

運転免許は取得が簡単な国家資格ともいわれています。運転免許を持っていれば仕事の幅が広がります。営業職はもちろん通勤が車のところもあるため、運転免許は取っておくと有利な資格といえます。

ITパスポート

ITの知識はどの仕事に就くにも役に立つので、その基礎知識を証明してくれるITパスポートは、仕事や就職で有利になる国家資格といえます。知識の内容は経営やIT管理・IT技術の分野からなり、情報技術の基礎レベルの高さをアピールできます。

行政書士

行政書士の主な仕事は官公署に提出する書類を代行して作成したり、代理で提出を行うことになります。社会的にもニーズが高く、独立開業をするという選択も可能なので人気がある国家資格です。

通関士

通関士は貿易に関する唯一の国家資格になります。申告・検査・関税の納付等の作業を行うことができる資格になります。国際化やインターネットの普及により様々な業種で海外との取引が増えています。そのため通関士のニーズは近年とても高まっています。

国家資格があると有利な職業


独立が目指せる資格

国家資格を取得することで、独立して開業するまでの道が開ける場合があります。木造建築士・電気工事士・調理師・美容師は比較的合格率が高く独立開業に有利な資格になります。少し難易度は上がりますが、不動産鑑定士・税理士・中小企業診断士・社会保険労務士もチャレンジしてみる価値はあります。

介護

介護に関わる職業をするのであれば、持っていると有利になる国家資格があります。理学療法士・言語聴覚士・作業療法士・介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士等です。介護の仕事はニーズがとても高まっているため、資格を取得しておくと就職先に困らないとも言われています。

不動産

不動産を扱う職業に就くのであれば持っていると有利になる国家資格があります。宅地建物取引士・土地家屋調査士・不動産鑑定士等です。中でも宅地建物取引士は一番人気のある国家資格になります。

金融

金融系の職業に就くのであれば持っていると有利になる国家資格があります。金融窓口サービス技士・ファイナンシャルプランナー・賃金業務取扱主任者資格等です。ファイナンシャルプランナーは比較的合格率も高く、ニーズも高い資格といえます。

医療

医療に関わる職業に就く場合は、大学や専門学校等で過程を修了し卒業すると、国家資格の受験資格を与えられるものがほとんどです。そのため医療に関わる職業につきたいと考えるのであれば、国家資格の取得を考える前に大学や専門学校への入学が必要になります。

国家資格は持っていると有利になる

職業によっても異なりますが、国家資格はやはり持っていると就職・転職に有利になるといえます。どんな職業に就くかで、どの国家資格を取得するかをしっかりと選ぶことが必要です。資格によっては受験資格があり、大学や専門学校での課程を修了・卒業しなければならなかったり、実務経験などが必要になってきます。誰でも受験できて合格率も高く、ニーズの高い資格もあるため自分にあった資格を選びましょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP