ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「カラミちゃんとマサラくん」 Vol.13 「カラミちゃんとマサラくん」 さっぱりしているのにコクうま 親子なチキン・キーママター

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
karami13_1

 

スパイス上級者のテクニック☆

3段階にスパイスを使い分け本格的に作ろう!

さっぱりしているのにコクうまなカラミちゃん流の親子なチキン・キーママター。

 

 

どーもカラミちゃんです。

今回はチキン・キーママターです。

 

「キーマ」とは挽肉、「マター」とはグリーンピースのこと。

鶏肉は油が少なくパサつきが気にならない様にしっとりセミドライタイプでいてスパイシー仕上げ!

落とした黄身の優しさは、日本人の味覚にもピッタリ合うご飯が進むカリー親子です。

 

スパイスは、最初、中間、仕上げと3段階に分けて使用することで、それぞれの香りを存分に引き出せば香り高く、味に奥行きがグッとアップするので、スパイス上級者を目指して是非トライしてみて下さい♪

 

⬜︎材料⬜︎(4−5人前)

鶏もも肉  (ミンチ)            700g

玉ねぎ   (みじん切り)          中1個

ホールトマト(濾してピューレ状)       2カップ

国産にんにく(すりおろし)          ひとかけ

生姜    (すりおろし)          にんにく同量

冷凍グリーンピース              1/2カップ

油     (白胡麻油)           大さじ5

水                      50cc

卵の黄身                   お好みで(仕上げ)

青唐辛子                   お好みで(仕上げ)

 

karami13_2

使用するスパイスはあらかじめお皿の上に用意しておくと作業がスムースよ♪塩などもここで調合しておいてね。

 

⬜︎スパイス1⬜︎(ホール)

クローブ                8粒〜10粒

シナモンスティック           3〜5センチ(3g)

カレーリーフ              ひとつかみ

(手に入らなければ仕上げスパイスでベイリーフ3枚で代用しましょう)

 

⬜︎スパイス2⬜︎(パウダー)

コリアンダー              大さじ2

クミン                 小さじ2

ターメリック              小さじ2

カイエンペッパー            小さじ1

塩                   小さじ2

 

⬜︎スパイス3⬜︎

ガラムマサラ              小さじ1

ココナッツファイン           大さじ1

 

⬜︎作り方⬜︎

1、温めたフライパンに油をひき熱したら「スパイス1」を入れて炒めるよ。

karami13_3

(焦げつかせないよう中火で1〜2分)

 

2、にんにくと生姜を加えます。ジュワーっと一気香ばしいね!

karami13_4

(手を止めないで中火で1〜2分炒めてねー)

 

3、玉ねぎを加える。

karami13_4

(火力を上げて茶色に色ずくまでしっかり炒めるよー!目が痛くなるから頑張れー)

 

4、トマトを加える。

karami13_6

(強火で水分を飛ばすように全体がモッタリするまでしっかり炒めてね!)

 

5、鶏ミンチ、スパイス2を加えて炒める。

karami13_7

(全体を絡ませるようにしっかり混ぜながら炒めてね)

 

6、グリーンピースとお水を加える。

karami13_8

(蓋をして中火で10分〜15分程、煮込む)

 

7、スパイス3を加える。

karami13_9

(混ぜたら蓋をして弱火〜中火で10分程煮込む)

 

8、黄身をそっと上にのせて、(辛党の方は青唐辛子も)お皿に盛り付けて出来上がり♪

karami13_10

黄身をのせて青唐辛子無しだと、まろやかな優しい味に。

karami13_11

辛党の方は青唐辛子のみで、キリッとした辛さが加わって美味しいですよ♪

karami

カラミちゃん

世界中には沢山のスパイスがあります。

甘い香りや、ピリッとした刺激。

美味しくて、元気になるし、なんと恋にも効く!

胃腸の弱いマサラ君には食欲増進効果もあります。
スパイスは金と同価でもあった、まさに人間の根幹。自然が生んだ薬です。

そう実感してから、日々研究してきたスパイスの効能やレシピなどをお伝えしていきたいと思います。

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。