ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

身長を伸ばしたい人必見! 医師が効果的な実践方法を伝授!

  • ガジェット通信を≫


身長が低くて悩んでいる人は、世の中たくさんいるかもしれませんね。今回は背を伸ばしたいと思っている人や、子どもの身長を伸ばしてあげたいと思っている人に役立つ情報を、医師から伝授いただきました。

■ 身長は眠っている時に伸びる

身長が伸びる時には、が伸びていきます。この骨を伸ばすには、主に成長ホルモンソマトメジンC(IGF-I)、甲状腺ホルモンなどホルモンバランスが適切に保たれている必要があります。

成長ホルモンの分泌は一日中おこなわれていますが、夜間眠ってからその量が増えます。成長ホルモンは光によってもその分泌量が変化するため、寝る時は、まっくらな部屋で寝るのがそれを促す条件となります。そして目覚めたら日光を浴びたり、雨の日などは電気の光でもいいので、光を感じることで体内時計のリズムを整え、成長ホルモンの分泌を整える準備も必要となります。

また、

・心地よい睡眠

・背骨や腰などに負担を与えないために適度な硬さの寝具で気持ちよく眠りにつく

・規則正しく、決まった時間にしっかりと睡眠をとる

なども重要なポイントです。

■ 適度な運動も忘れずに!

過度に筋肉に負担をかける運動や運動のしすぎは、栄養が成長にまわらなくなってしまうため、背を伸ばすためにはオススメできません。適度な運動を心がけ、運動の後にはしっかり筋肉を休め、疲労をとることも大切です。

また、血糖値も成長ホルモンの分泌に関わっています。寝る前にものを食べると成長ホルモンの分泌が抑えられてしまうので、睡眠前の2時間は食べるのをひかえるといいでしょう。

【医師からのアドバイス】

実は、ストレスも低身長の原因になります。リラックスして過ごすことや、バランスのよい食事を規則正しくとることも大切です。特にたんぱく質やカルシウム、ビタミンD、ミネラルなどが関わってくるので、肉類や魚、乳製品や大豆、野菜や海産物、ごまなどを偏らずにとることをオススメします。

関連記事リンク(外部サイト)

大人になってから身長を伸ばす方法!? 「骨延長手術」という選択肢、ただし大きなリスクも…
正しく寝るだけでヤセる!?ダイエットと睡眠の関係
ホルモンバランスの乱れは生活の乱れ? 注目したい「3つのホルモン」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP