ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サンコー、WDR対応でAndroidからでも操作できるワイヤレスカメラ「ペン型赤外線無線カメラ」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サンコーレアモノショップは 2 月 19 日、何かと想像の膨らむワイヤレスカメラ「ペン型赤外線無線カメラ」を発売しました。価格は 14,800 円です。「ペン型赤外線無線カメラ」は、50g と軽量でポケットにも仕舞える小型スティックカメラです。Android からのリモート操作・プレビューに対応しており、専用アプリ(FinalCam)でプレビューのリアルタイム表示や録画操作を行うことができます。シャツやスーツの胸ポケットに入れて撮影することもできるので、オンボードカメラとしても使えそうです。スマートフォンの画面で映り具合を確認できるので、位置ズレも容易に修正できます。撮影可能な静止画(JPEG)の最大サイズは 4,032 × 3,024 ピクセルで、動画(MOV)の最大サイズは 1,920 x 1,080 ピクセル @ 30fps です。720p @ 60fp 撮影も可能です。また、赤外線 LED を搭載しており、夜間でも 2m 先までなら明るく撮影できます。さらに、逆光シーンや白飛びしそうなシーンでもバランスよく撮影できる「WDR」にも対応しています。バッテリー容量は 550mAh で、最大 70 分の連続撮影が可能だと言われています。Source : サンコー

■関連記事
Android Nでアプリドロワーが無くなる?
Xiaomi Mi 5の実機写真がまた出回る、北京とバロセロナで同時発表か?
Android版OneDriveがv3.9にアップデート、SDカードや複数フォルダの写真・動画の自動バックアップが可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。