ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【正直グルメ批評】美味しいが二度と食べたくない理由 / ファミレス「ジョナサン」のマンガリッツァ豚の厚切りとんかつ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファミリーレストラン「ジョナサン」が、季節限定のフェアとして「マンガリッツァ豚の厚切りとんかつ」を提供している。単品が1399円で、セットになると1599円。ファミレスとしてはやや高めの値段設定だが、マンガリッツァ豚の美味しさを知っている人からすれば、皆が「それは興味深い」「食べてみたい」と思うはず。

・ジューシーかつ柔らか
日本の国産豚も美味しいが、マンガリッツァ豚は旨味の埋蔵量が群を抜いて多い。ジューシーかつ柔らかでありながら、しっかりと「心地よい弾力」を楽しませてくれる、非常にバランスの良い豚肉だ。その厚切りとんかつが「ジョナサン」で食べられるのだから、その魅力を知っている者からすれば、試しに体験したいと思うのは当然である。

・美味しいが二度と食べたくない
結論から言えば、「ジョナサン」のマンガリッツァ豚の厚切りとんかつは、美味しいが二度と食べたくない。美味しいのに二度と食べたくない? 矛盾してないか? そう思うかもしれないが、マンガリッツァ豚というブランドの名誉のため、あえてそう表現させてもらった。

・表面の見た目は非常に美味しそう
マンガリッツァ豚という「食材そのもの」は美味しかったが、とんかつとしての仕上がりが最悪だったのだ。この記事の写真を見てもらえればわかる通り、表面の見た目は非常に美味しそうだ。しかし、あなたがとんかつ好きならば、このとんかつのドコがダメなのか、もう気がついているはず。

・豚肉に含まれる水分が蒸発せず!!
肉と接している部分の衣がふやけいてるのである。これは豚肉に含まれる水分が蒸発せず、中途半端に衣に残ってしまったせいである。また、本来ならば肉汁ができるだけ蒸発しないよう(旨味を閉じ込めるよう)、肉との接触面や衣に工夫をするべきなのだが、それが一切されていないことも意味する。

・非常に残念でならない
そもそもマンガリッツァ豚はジューシーで肉汁の埋蔵量が多く、とんかつにする際はその点を特に考えて調理する必要がある。それが厚切りとんかつならばなおさらである。食のプロフェッショナルともいえる「ジョナサン」が、どうして高級食材をこんな失敗作にしてしまったのか。

衣の8割がふやけているではないか。これがまた、食べるたびにグニュグニュとした嫌な食感を生み、気持ち悪くなるのである。「ジョナサン」というファミレスが好きなだけに、非常に残念でならない。

・グルテン化のような現象
ちなみに、このグルテン化のような現象は、低価格のチェーン店ですら、かなり気を使って解決策を考え、徹底的に研究されている部分。だからこそ「ジョナサン」がその部分を解決せずに提供していることがショックでならない。

・衣をはがして食べることを推奨
重ねて言うが、それでもマンガリッツァ豚自体はとても美味しかった。もしどうしても「ジョナサン」でマンガリッツァ豚の厚切りとんかつを食べたいなら、衣をはがして食べることを推奨する。マンガリッツァ豚自体は美味いのだ。

https://youtu.be/h4ndv1WppY4

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/02/20/jonathan-mangalitza/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。