体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もっと楽しくなる!?英語を話して世界を楽しむ

canon_ixy_cebu後_730

Photo credit: KANA 「ニューヨークのミュージカル【格安でチケットを手にいれる方法】当日券」 (タイムズスクエアにある劇場)

こんにちは。TRiPORTライターのゆうすけです。
グローバル化が進み、他言語や海外がより近くなってきている昨今。英語塾や幼稚園からの英語教育など、英語を学べる場も広く多くなってきています。では具体的に英語が話せると、どんないいことがあるのでしょうか? 今回は筆者自身が感じる利点を紹介していきます!

よりエンターテイメントを楽しめる

英語をマスターすることで、英語のエンターテイメントをより楽しむことができます。例えば洋楽。英語がわかればリズムを楽しむだけではなく、意味まで理解できるので「こんなことを言っていたんだ!」という驚きや、日本語の曲と同様に、歌詞への共感もできるようになります。

さらに洋画も、もっと面白くなります。字幕や吹き替えでも見ることはできますが、どうしても翻訳によるニュアンスの違いは避けられません。笑いのツボやギャグのセンスが少し違うこともあります。英語で見ることによってそういった本来の面白さが理解でき、より楽しむことができるでしょう。

より多くの人とつながる

1511530_937546306266579_2780402398121844699_n

Photo credit: Hiroki Kudo 「ニュージーランドで久しぶりのホームステイ」(ニュージーランド、マオリ族の人々)

テクノロジーが発展し、最近ではFacebookやInstagramといったSNSやブログを利用して、自分の意思や考えを表現する人も多くなってきています。現在世界の最も幅広いエリアで話されている英語を理解できれば、情報発信の幅も広がるでしょう。英語で発信を続けることで、全く知らない、行ったこともない土地で暮らしている人々とつながれるかもしれません。

また、情報収集という意味でも幅が広がります。例えば今までは日本語に翻訳された記事しか読めなかったのが、英語をマスターすれば翻訳されていない記事の情報もキャッチアップできます。日本語ではたどり着けなかった情報を得られるようになるのは大きな利点だと言えるでしょう。

海外旅行でも英語を使うことができれば、自ら自由にコミュニケーションをとれる幅も広がります。ガイドに頼らずとも、自分で自由に楽しむことができるので、より多くの人とつながることができます!

広がる選択肢

DSC05607
1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会