ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

民間で「対日裏切り」続々 POSCOやロッテホテルなど

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 韓国の対日外交を振り返れば、日本側に歩み寄ったように見せてはそれを覆す「裏切りの歴史」だ。国交回復から半世紀。日本を振り回し続けた韓国を産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏が斬る。

 * * *
 韓国人が好きな言説に「国際関係においては永遠の友も存在しなければ永遠の敵も存在しない」というのがある。マスコミや識者の論評によく登場するが、これにはいつも違和感を覚える。

 国際政治にはそういう面があり、内心でそう思っているのは構わない。ただ「そんなにしょっちゅう堂々と口に出して言うことではないだろう」と思う。これだと韓国人は、同盟関係でも友好関係でも結局は相手を信用していないことになり、相手はいつ裏切られるかもしれないと警戒するだろう。

 韓国(朝鮮半島)はアジア大陸にぶら下がった半島国家という地政学的環境から、自らの生き残りのために周辺国といつもだましだまされの“綱渡り外交”を展開してきた。その歴史的経験がそう言わせているのだ。

 よく言えば外交的になかなかの「知恵者」であり、悪く言えば国際的「すれっからし」ということだ。北朝鮮を見ればそれは明らかだろう。その韓国に日本は振り回されてきた。ここでは近代史はさておき戦後の日韓関係に限って振り返るが、その歴史はいささか大げさにいえば“対日裏切りの歴史”だった。

 民間における最近の対日裏切りのエピソードを紹介しておく。日本の支援・協力で誕生し、日韓協力の最大の成功例といわれた韓国経済発展のシンボル「POSCO(旧・浦項総合製鉄)」の日本に対する裏切りのことだ。

 POSCOは今や世界的規模の鉄鋼メーカーだが、その“産みの親”ともいうべき新日本製鐵(現在は「新日鐵住金」)から先端技術を盗用していたことが判明。裁判になり、昨年、損害賠償として300億円もの和解金を新日鐵側に支払わされた。

 問題になったのは付加価値の高い「電磁鋼板」の最先端技術で、それを新日鐵の退職者から不法に入手し自社技術として生産にあたっていた。産業スパイ事件である。新日鐵からすると「飼い犬に手を咬まれた」ようなものだが、POSCO側がなかなか非を認めなかったため訴訟になっていたのだ。

 また、一昨年にはソウルのロッテホテルが日本大使館の「自衛隊創設60周年記念レセプション」という外交行事の会場を、直前にドタキャンしている。

 韓国マスコミの反日報道に怯えた結果だが、日本系として日本政府ご用達にもなっていたホテルだっただけに、その日本への“裏切り”が話題になった。

【PROFILE】1941年生まれ。京都大学卒業。共同通信ソウル支局長、産経新聞ソウル支局長を経て産経新聞ソウル駐在客員論説委員。著書に『決定版どうしても“日本離れ”できない韓国』(文春新書)など多数。

※SAPIO2016年3月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓国は「慰安婦」「竹島」など外交的裏切りの連続
日本人の韓国離れ「李明博氏の竹島上陸が主因」と三橋氏
「息を吐くように嘘を吐く」 朴槿恵政権は信用ならない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP