ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なんでんかんでん川原社長 「借金5億円」への転落と復活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国にラーメンブームを巻き起こし、日本のラーメンを豚骨に染めた伝説の店が「なんでんかんでん」だ。わずか13坪のお店は連日、環七に車を止めて訪れる客でにぎわった。その社長を務めるのが川原浩史氏(51才)である。2012年、環七本店は26年の幕を閉じ、残りの店も昨年ですべて閉じたと話す。川原氏が抱えた借金は最高時5億円とも報じられた。川原氏の今、そして当時のブームについて本人に直撃した。

――本店を閉めてから3年間、「なんでんかんでん」はどうなったのでしょうか?

川原:元々、私がやっていたのは本店の一軒だけでした。金沢の店は15年前から義兄がやっていました。本店閉店のニュースで見て、「なんでんかんでん」のラーメンをやりたいという人から、50件以上も問い合わせがあったんです。それで、福岡、山口、岡山、新潟、三重、群馬など、2年間で一気に支店やコラボ店が8店舗まで増えました。

――閉店前より店舗が増えてる!! 実は順調にラーメン経営をしていたということ?

川原:中には、そこそこの店もあったのですが、昨年、全て閉店したんです。

――なぜ?

川原:各店でスープを作っていたり、一部「なんでんかんでん」のレシピを元に工場にスープを作らせたたりと新しい挑戦を試みたのですが、他店舗展開を一気に出し急いだせいか、店舗ごとに味が違ったり、加盟者との意思の疎通がうまくいかずでした。その後も試行錯誤の結果、昨年おいしいスープができたんですよ。あと少し改良の余地がありますが…仕切り直すことにしたんです。

――「なんでんかんでん」の再スタートはいつ?

川原:今年の夏ごろを目途に復活を考えています。都内で場所を探していますよ。今度はね、豚骨ラーメン店だけでなく、ラーメン居酒屋、そして博多ちゃんぽんを展開していこうと思っています。

――ちゃんぽんにも進出するんですね。

川原:今度はちゃんぽんブームを起こしたいんです。長崎ちゃんぽんが一番有名だけど、ちゃんぽんは博多でも日常的な一般食なんです。関東には、あまりおいしいちゃんぽんがないなって、常々思っていて…。

 ちゃんぽんは大きくわけると2つあって、鶏ガラ系と豚骨系があるんです。長崎ちゃんぽんは鶏がらで出汁をとることが多くて、あっさりとしてるんです。博多ちゃんぽんは豚骨だから濃厚なんですよ。博多出身のぼくの中では、長崎より博多のちゃんぽんの方がおいしいんです。

――一時期、借金5億円以上と報じられたこともありますが、新しい商売をするという事は、借金は全て返済済み?

川原:頑張って返済して、残り5千万円を切りました。繁盛していた頃は今より借金多くて、3億円から5億円くらいありましたが、安心して下さい。「ケセラセラ」で頑張ってますから…(笑い)。なんでんかんでんを閉めた時、なんでんかんでん倒産なんて言われましたが、幸いな事にうちは一度も倒産はしていませんからね。

――ピークの時の年商は、6億円とも言われていましたね。

川原:誰が言ったか? ちょっとオーバーかもしれません。たしかに、本店は一店舗で3億円近い売り上げでした。驚異的な売り上げは10年以上続きましたよ。金沢店もピーク時、1億5千万円ほど売っていましたが、他にも物産店とかイベントとか色々やっていましたから、全ての合計です。店舗は2店舗でした。

――なぜ、そんなに繁盛したのでしょうか?

川原:確かに当時、東京では豚骨ラーメンが珍しかったのは事実です。テレビや雑誌に頻繁に出てるとか、繁盛した要因は色々あります。でも一番は、接客術です。

――稼げる接客のポイントを教えてください。

川原:ぼくはおせっかいすぎるほどの接客をモットーとしています。たとえば、お客様が「ポストどこですか?」って聞いてくるとするでしょ。普通なら場所を教えますよね。ぼくの場合は、出してあげる。貴重な書類なら別ですが、ちょっとしたものなら「出してきますよ」と言って、その場で自転車に乗ってポストまで行きました。お客様の望む事はできる限り協力してきました。
 
 とにかく商売の成功する基本は、人を愛する気持ちと優しさです。優しさも心の底から優しい気持ちをもってなければダメです。あとは、明るくて人なつっこくて親切なら、絶対にそのお店は流行る。でもこんな簡単な事ができない人がほとんどなんです。

――そんな繁盛していた店が、転落してしまった理由は?

川原:一言で言うと「時代が変わった」んですね。夜間の車相手の場所が時代にそぐわなくなったんですね。住宅地で駅まで遠いし、周囲に何もない。オープンした29年前は、車に乗っていた若者は深夜も活発に動きまくっていました。景気も良かったし、場所柄、車でしか来れません。10年ほど前から飲酒や駐車の取り締まりが厳しくなって、だんだん深夜の車が減っていって、若い人は携帯電話などの支払いの負担も大きく、深夜出歩かなくなったんですね。もっと早く時代の流れについていけばよかったんですが、それでも、まだ大丈夫だと、創業の地に未練があって、客足が減っても動かなかったんです。

――もっと早く店の場所を移せば、本店は続けられていた?

川原:それはわかりません。でもそこで成功して、毎晩1000人を超える行列ができて、路上駐車も凄く“なんでんかんでん渋滞”と言われました。騒音、においの問題もあって、毎晩50回を超える110番がありました。パトカーが来る度にお客様はラーメンの箸を止めて車を移動、結局戻って来ずに無銭飲食も相次ぎました。

 警察は、なんでんかんでんだけの為に中央分離帯にフェンスを設置、車線まで書き換えました。それでも違反が相次ぎ、警察は取り締まりを強化、半年間に渡って営業時間中、店前にパトカーを常駐させました。その間の売り上げは10分の1以下にまで落ち込みました。嘘みたいな話ですが、本当です。この地から全国にラーメンブームを発信したという自負があります。本当に、あの場所に未練があったんですね。

 良くも悪くも、伝説を作ってきたあの場所ですからね。そうした未練がましさを持っていると、ビジネスはうまくいかないんですね。最後の2年くらいは苦しい経営をしていました。本店閉店の話ですが、本当の事言うと次の移転先も決まっていたので、閉店を決意しました。しかし、次の店舗の改装直前で臭いの件で問題が起きたこともあって、未だ休業状態です。

【川原浩史(かわはら・ひろし)】
1964年3月13日生まれ。福岡県出身。1983年、東芝レコードから作曲家としてデビュー。オペラ、シャンソン、タンゴ歌、ポップス歌手としても活動。翌年、前座歌手をきっかけに、漫才コンビ・Wけんじの弟子となり芸人活動開始。1987年、世田谷区で東京では珍しかった博多豚骨ラーメン『なんでんかんでん』をオープン。連日大行列となる。なんでんかんの成功をきっかけに、日本はラーメンブームが起きる。2012年、本店を閉店。現在は、芸能活動、講演、接客セミナーを中心に活動中。 http://nandenkanden.tokyo

撮影■浅野剛


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
川原浩史社長 なんでんかんでん閉店後の催眠術師の活動語る
自民候補・今井絵理子の恋人に児童福祉法違反で逮捕歴報道
超激務で制約多いNHKうたのおねえさん 月給は推定30万円程

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP