ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絵本の世界がジオラマ化する「360°BOOK」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。

パカっと開くと
立体になる絵本


真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日本風景らしさ満点ですね。富士山の色が綺麗な水色でかわいい!それに、物語が感じられるものもあるんです。

たとえばこれは『白雪姫』。毒りんごを持つ魔女の姿が見えますね。ページが先に進むにつれてキャラクターが現れるつくりに。

素敵なケースや装丁もプレゼントに喜ばれそう♪



360°BOOK 白雪姫 / SNOW WHITE』と『360°BOOK 富士山 / Mount FUJI』は、どちらも定価2,500円(税別)で販売中。その他の詳細については「青幻舎」や「FabCafe Tokyo」で確認できます。

レーザーカッターを使ったデジタル印刷技術で精巧なカッティングを実現しており、そのアイデアやデザインも含め作品としても国内外問わず評価が高いそう。

絵本ではありますが、ぐるっと見舞わせるのでインテリアとして置いてもいいかもしれませんね。

Licensed material used with permission by 株式会社ロフトワーク
Photo by Gottingham

関連記事リンク(外部サイト)

紙から文字が飛びでてくる!?トルコのグラフィックデザイナーが描く「3Dカリグラフィー」
乳ガンと闘う母に、息子が「歌」を作った。世界のミュージシャンも動いた!
コンビニが大好きすぎる留学生が歌を作った結果・・・(動画あり)

TABI LABO
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP