ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

景観の美しいユネスコ世界遺産の候補地8選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先ごろ、長崎の軍艦島が世界遺産に登録されたのは記憶に新しい方も多いでしょう。もう行ってみた、という方も多いのではないでしょうか。

日本にはまだまだ世界遺産登録を心待ちにしている場所が数多くありますし、それは世界各国でも同じです。世界には、世界遺産登録を待っている絶景が数多く存在しています。

 

今回は、いまだ世界遺産登録がなされていないものの、世界遺産の有力候補として挙げられている絶景の数々を紹介していきたいと思います。

世界遺産として大々的に日の目を見る前に、ひっそりと訪問してしまうのも良いかもしれませんよ。

 

西コーカサス山脈(ロシア)

Beautiful view from Rosa Peak (2320 m above sea level) at Krasnaya Polyana Mountain Cluster.

A photo posted by peppermintshake (@peppermintshake) on Aug 22, 2015 at 1:50pm PDT

ロシアの世界遺産候補である「西コーカサス山脈」は、その広大かつ雄大な自然が絶景を生み出しているポイントです。

すでに一部は世界遺産に登録されているものの、2016年にはさらに広い範囲の登録を目指して再度議論がなされることとなりました。

馬などの野生動物も数多く生息しており、その山脈の雄大さには圧倒されること間違いなしでしょう。

 

レビジャヒヘド諸島(メキシコ)

Countdown to socorro #socorro #revi #revilla #revillagigedo #humpday #humpback #whale #yubarta #bluewater #pelagic #igers #igdaily #ig_mexico #offshore #pelagiclife #MexicoPelagico #mexiconatural #mexicodelivers #encounter #epic #socool #nauticam #naturephoto #naturephotography #uwporn #underwaterphotography #nikon #nikonmexico #nikondigital

A photo posted by Rodrigo Friscione (@rodrigofriscione) on Feb 10, 2016 at 6:32am PST

メキシコ湾に浮かぶレビジャヒヘド諸島は、島の景観以上に海が大変美しいことで知られています。こちらも2016年の世界遺産入りを目指しているスポットです。

その海の美しさからダイビングのメッカとしても大変栄えており、様々な海洋生物の生態を観察することができる場所としても知られています。美しい南の島の景観を存分に楽しむことができる、大変おすすめの島々です。

 

金門戦地文化(台湾)

2015.10.31 #台湾 #台湾旅行 #金門島 #金門 #閩南 #Taiwan #TripToTaiwan #Kinmen #Minnan #대만 #대만여행 #금문도 #킨멘 #민남 #山后

A photo posted by えだまめ (edamame) คนญี่ปุ่นครับ (@shins_i) on Oct 31, 2015 at 9:09am PDT

台湾初の世界遺産入りを目指す金門戦地文化は、中国大陸に最も近い台湾の一部、金門島内にある要塞の跡地です。

国共内戦の最前線として要塞化されたこの島は、緊張の緩和後も、中国大陸と台湾との玄関口として大変重要な役割を果たしてきました。

緊張が高まっていた頃は要塞化されていたために、島内には数々の砲台などが残されており、独特の景観が広がっています。特に、花こう岩をくりぬいて作られた「翟山坑道」は、幻想的な観光スポットとして人気を集めています。

 

ラグナ・ベルデ(ボリビア)

The feeling when you are totally speechless /Когда не можешь говорить. Просто нет слов. #Bolivia #lagunaverde #vscocam #lifeofadventure

A photo posted by Yakovleva Darya (@whyshyme) on Aug 10, 2015 at 7:02am PDT

別名「ボリビア富士」とも呼ばれている山が、このラグナ・ベルデです。ラグナ・ベルデは山と湖の美しいコントラストが印象的なスポットであり、ボリビアの世界遺産であるウユニ塩湖より有名でないことから観光客もそれほど多くないのでゆったりと楽しむことが出来ます。仮に世界遺産に登録されれば混雑必至ですので、今のうちに訪れておきましょう。

 

リオデジャネイロ(ブラジル)

#브라질#리우#히우#리우데자네이루#rio#riodejaneiro#brazil#여행스타그램 #세계일주 #세계여행 #여행 #travel #traveling #travelgram

A photo posted by 이선우 (@sunwo00o) on Feb 10, 2016 at 8:20pm PST

リオデジャネイロの街並みもまた、美しさでは世界でも有数のものがあります。特にリオは夜景が美しいことで有名で、高台から見下ろした夕焼け、朝焼けの美しさは特筆すべきものがあります。

今のところ具体的に世界遺産入りする予定はありませんが、リオ五輪もあることですし今後注目していきたい都市ですね。

 

カンチェンツォンガ国立公園(インド)

From @saachi_soni – Its magical! Nanda Devi is the second highest mountain in #India, and the highest located entirely within the country. (#Kangchenjunga, which is higher, is on the border of India and #Nepal.) It was considered the highest mountain in the world before computations in 1808 proved Dhaulagiri to be higher. It was also the highest mountain in India before 1971 when #Sikkim, the state in which Kangchenjunga is located, joined the Republic of India. It is part of the Garhwal Himalayas, and is located in the state of #Uttarakhand, between the Rishiganga valley on the west and the Goriganga valley on the east. The peak, whose name means "Bliss-Giving Goddess", is regarded as the patron-goddess of the Uttarakhand Himalaya. In acknowledgment of its religious significance and for the protection of its fragile ecosystem, the peak as well as the circle of high mountains surrounding it—the Nanda Devi sanctuary—were closed to both locals and climbers in 1983. The surrounding Nanda Devi National Park was declared a UNESCO World Heritage Site in 1988. #travel #traveling #vacation #visiting #instatravel #instago #instagood #trip #holiday #photooftheday #fun #travelling #tourism #tourist #instapassport #instatraveling #mytravelgram #travelgram #travelingram #igtravel

A photo posted by Himalayan Geographic (@himalayangeographic) on Feb 9, 2016 at 8:21pm PST

自然遺産と文化遺産による「複合遺産」として登録を目指しているカンチェンツォンガ国立公園は、そびえたつカンチェンツォンガの雄大さを目に焼き付けておきたい絶景スポットでもあります。

8,500メートルを超える世界第3位のカンチェンツォンガは、周辺を5つの8,000メートル級の山々が囲む構成となっており、壮大さではエベレストすらも凌駕してしまうほどのものになっていると言えるでしょう。

カンチェンツォンガ周辺では文化圏が形成されており、世界遺産にはこれらの文化圏も含めた複合遺産として登録を目指しています。

 

鎌倉(日本)

鎌倉の大仏。ドラマで鎌倉が舞台になる前だったので、そんなに混んでいませんでした!! #日帰り旅行 #プチ旅行 #鎌倉 #大仏 #鎌倉大仏

A photo posted by 日本の景色 (@nippon_ryokou) on Nov 30, 2015 at 3:28pm PST

目下日本国内の次の世界遺産最有力候補とみられているのが、鎌倉を中心とした「古都鎌倉の寺院・神社」の一帯です。過去世界遺産暫定リストに掲載されたこともあり、登録はもはや時間の問題といってもいいでしょう。

鎌倉大仏をはじめとした仏教遺跡や、数々の神社など、鋭気を養えるパワースポットが目白押しなのが特徴です。

 

奄美・琉球諸島(日本)

A photo posted by Amiko Tanaka (@aammiiccoo) on Feb 4, 2016 at 12:48am PST

意外なことに、日本にはまだそれほど自然遺産がありません。次の世界自然遺産候補として有力な候補とされているのが、「奄美・琉球諸島」です。言わずと知れた海を中心とする絶景と、個性あふれる島々は海外からも熱視線を受け続けていますね。

世界遺産の対象となっているのは鹿児島県の奄美大島と徳之島、沖縄県の沖縄本島北部と西表島の4島であり、こちらには絶滅危惧種の固有種も数多く生息しています。

 

まとめ

いかがでしたか。多くの世界遺産は、登録前にたとえ世界的にはマイナーな観光地であったとしても、ひとたび世界遺産に認定されると、世界各国から観光客が押し寄せるようになります。

そうなるとせっかくの景観を心行くまで楽しむのもなかなか難しくなってしまいますし、ゆったりと過ごすことも難しくなってしまうことが予想されますね。

今回紹介した世界遺産候補には、ぜひ人々が押し寄せる前に行っておいて、素晴らしい絶景を目に焼き付けておきましょう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP