ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

快適?過酷?世界中で水上・船上生活をしている人々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界は広いもので私たちがまだまだ知らない世界というものが数多く存在しています。その中でも聞いたことはあるけれども、実際に見たことが無いというのが生活のすべてを水の上で暮らしているという人たちです。

水上生活というと私たちは、どこか南国のリゾートで悠々自適に生活している人たちの事を思い浮かべてしまうのですが、実際の水上生活を営んでいる人々はそれほど気楽なものではないようです。

そこで、今回は世界に存在している水上生活をしている民族や集落についてご紹介したいと思います。

 

トンレサップ湖(カンボジア)

photo by shutterstock

カンボジアにあるトンレサップ湖という湖は、大きさとしては日本の琵琶湖の約18倍というかなりの広さの湖です。首都のシェリムアップからおよそ車で30分ほどで到着できる場所にあります。

1年のうちのほとんどは全体にわたって推進1mほどの非常に浅い湖ですが、夏季にはモンスーンの影響で推進が9mにもなるユニークな湖です。

この湖は世界最大の水上生活者が住んでいる湖で1ブロックで1万人住んでおり、100ブロック以上の地区に分かれています。時にはタライで移動する子供もいるそうで、見た目は一寸法師のようです。

 

カントー(ベトナム)

photo by mastermaq

ベトナムのメコン川の支流にあるカントーにも水上生活者が多く暮らしています。特にこの町は水上マーケットとして機能していて、観光地的な扱いを受けているので、海外から訪れる観光客も非常に多いです。

水上マーケットは早朝から始まっており、お昼ごろには徐々に船も減ってくるので、水上マーケットに興味のある人は、早朝の5時から8時ごろに行くことをオススメします。

 

チャウドック(ベトナム)

photo by dalbera

チャウドックもベトナムにある水上生活者が暮らす集落です。こちらもメコン川の支流に位置していますが、場所としてはカンボジアの国境にかなり近い位置にあります。

現地にはチャム族というイスラム系の民族が暮らしていて、主な彼らの収入源は漁業です。その他にも、彼ら自慢の小さな船を貸し切ってのクルーズ観光をすることができ、こちらは海外の観光客からも人気のアクティビティになっています。

 

ボルネオ島のバジャウ族(マレーシア)

photo by Education Projects for Children in Sabah 

バジャウ族はもともと、フィリピンで暮らしていたイスラム系の民族ですが、約200年ほど前に、フィリピンからこのマレーシアのボルネオ島に移住してきました。

フィリピンにいた時からスルー諸島で水上生活を営んでおり、このボルネオ島に移住してからも水上生活をメインとしていました。

最近では、徐々に陸上生活者も増えてきてはいますが、それでも水上生活を好んでいる人が多いことで有名です。

 

インレー湖のインダー族(ミャンマー)

photo by paularps

ミャンマーのインレー湖というと首長族を真っ先にイメージしてしまいますが、こちらにはインダー族という水上生活を営んでいる民族がいます。こちらの水上生活をしている人の大きな特徴は、変わった船の操船をすることです。

オールを手に添えながら片足で操船をする姿を最初に見た時は驚きでした。よくもまあ、足で操船して足が攣らないものだと感心したものです。

 

バンジー島(タイ)

photo by gstrosaker

タイのプーケットにあるバンジー島にも水上生活者がいます。ムスリムの人たちで構成されているこの集落では、有名な水上マーケットの様な派手さはありませんが、とっても美味しいレストランなどもあります。

また、周囲には007の撮影が行われたとされるジェームズボンド島という島もあり、観光のついでにバンジー島を訪れる人が多いそうです。

 

ハロン湾(ベトナム)

photo by gstrosaker

首都ハノイからバスで3時間ほどの所にある世界自然遺産とされるハロン湾に水上生活者を見つけることができました。

ドラム缶や発泡スチロールで作られた小さな家屋がたくさんあります。水道もあり、発電機もあるので意外に快適そうではあります。

台風が近づくと周囲の家をつないで、船で入り江まで曳航してもらうそうです。

 

ククップ漁村(マレーシア)

photo by ah.meng.zai

こちらはもう完全に観光地化された水上生活者たちの集落です。周囲にはパイナップル博物館や、魚の博物館があり日本では珍しいテッポウウオやカブトガニを見ることができます。

観光地化されたとはいえ、のんびりとすぎる時間は素晴らしく、きれいな夕焼けを見た後、名物のシーフード料理を食べると会いに来てよかったと思えます。

 

チチカカ湖(ペルー)

photo by simplysouthamerica

アンデス山脈のほぼ中央にあるチチカカ湖にも水上生活者を見つけることができました。マチュピチュももちろん必須ですが、アンデスに来たら是非行ってほしい場所でもあります。

チチカカ湖のウロス島に集落があり、トトラといわれる葦で作った船がたくさん浮かんで、皆さんそこで生活しています。どちらかというと、物語などでイメージする水上生活そのままの集落です。

 

香港(中国)

photo by shankar s.

蛋民と書いてタンミンと呼ばれる人々が中国の華南に住んでおり、土地を持たず、自己が所有する船を家として漁業を中心に生活している人たちのことを指します。

よくジャッキーチェンやブルースリーが主演の香港映画で見ることができます。

 

まとめ

さて、今回は世界の水上生活者の集落や民族についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?民族柄というか国土柄というか、アジアの地域に水上生活者がよく見られました。

とはいえ、アンデスの中腹にも水上生活者がいるという事は、世界にはもっと存在している可能性は高いですね?ずっとは無理かもしれませんが、一度は水上生活を体験してみたいですね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP