ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

軍隊かよwww 監督ラッセル・クロウが役者を鍛え上げるブートキャンプ映像が壮絶すぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ラッセル・クロウ初監督作として話題の『ディバイナー 戦禍に光を求めて』から、ラッセルがブートキャンプばりに役者を鍛え上げる超ドS映像が到着した。

https://youtu.be/Q8WYAJsL0fs

ラッセルが本作のキャストに課したブートキャンプの模様が収められたこの映像。ラッセルが行ったのは、乗馬、ヨガ、そして軍隊式トレーニング!ハリウッドスーパー級のアクション俳優として過酷な体作りを経験してきたラッセルだけに、このブートキャンプのハードさは半端ないことがうかがえる。参加した俳優陣には「ラッセル・クロウ版サバイバル・ゲーム」と言わしめたそうだ。

キャンプが行われたのは、オーストラリアにあるラッセル所有の牧場。自転車によるレースは、なんと50キロ!このハードな訓練が、本作のアクションシーン、戦場シーンをリアルに再現するためのラッセル監督の拘りだったそうで、「大事なことは3つ。細心、協力、準備。…しごくためのね!」と語っている。

水脈を探し当てる職人(ディバイナー)である、オーストラリア人ジョシュア・コナー(ラッセル・クロウ)は、ガリポリの戦いから4年後、戦争で行方不明になった3人の息子たちの最期を知るため、トルコへと旅に出る。故郷から遥か遠い異国の地での捜索は困難を極めるが、コナーの決意は決して揺らがない。イスタンブールで宿を営む美しい女性アイシェ(オルガ・キュリレンコ)や、息子たちと戦ったトルコの英雄・ハーサン少佐(イルマズ・アルドアン)らの助けを借りながら、コナーはついに一縷の希望を掴むのだが…。

『ディバイナー 戦禍に光を求めて』は2月27日(土)より有楽町スバル座ほか全国順次公開

(C)2014 DIVINER HOLDINGS PTY LTD, RATPAC ENTERTAINMENT LLC, NETWORK INVESTMENT HOLDINGS LIMITED, SEVEN
NETWORK (OPERATIONS) LIMITED AND MEGISTE FILMS PTY LIMITED

■参照リンク
『ディバイナー 戦禍に光を求めて』 公式サイト
http://diviner-movie.jp/

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

ラッセル・クロウ初監督作品公開決定 息子を探す父親の壮大な叙事詩『ディバイナー 戦禍に光を求めて』

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP