ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

想像を絶する狂気の暴走!R15+指定映画『ヒメアノ〜ル』衝撃の場面写真が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の人気漫画家・古谷実による衝撃の問題作『ヒメアノ〜ル』がついに完全映画化、衝撃の場面写真が公開された。

森田剛初主演、その衝撃描写ゆえR15+指定となった映画『ヒメアノ~ル』。原作は、世の不条理、屈折した感情、恋愛、友情、ポップなギャグなど、古谷実作品が持つ独特な要素を含みながら、過激な内容にファンのあいだで物議を醸し、実写化不可能ともいわれた問題作かつ伝説的コミックだ。

人間をターゲット(餌)としか思わない狂気の連続殺人鬼・森田を演じるのは、昨年デビュー20周年を迎えた、森田剛。蜷川幸雄、宮本亜門、行定勲など、錚々たる演出家の舞台作品で座長を務め、絶賛されてきた森田が、世間のイメージを大きく裏切る難役で真骨頂を発揮し、観る者を圧倒させる。森田との再会によって事件に巻き込まれる岡田には、『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』の濱田岳。森田の新たな標的となるユカに『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『グラスホッパー』の佐津川愛美、コメディリリーフとなる安藤に『幕が上がる』のムロツヨシといった演技派俳優が共演。演技力に定評のある役者達の対決にも注目が集まる。

今回解禁された場面写真は、岡田と安藤との友情(?)カットと、岡田とユカのラブシーンの日常カット2点。どこにでもあるようなほのぼのとした日常はある日突然に終わりを告げる…。

恋の悩みや将来への不安を抱えた、若者のありふれた日常をコミカルに描いた前半から一転、後半は無機質な連続殺人事件が日常へ浸食するサスペンスに突入する。日常と狂気が交錯する、目が離せない緊迫の展開となっている。

『ヒメアノ~ル』は5月28日、TOHOシネマズ 新宿ほか全国公開

(C)2016「ヒメアノ〜ル」製作委員会

■参照リンク
『ヒメアノ~ル』 公式サイト
http://www.himeanole-movie.com/

■2月のAOL特集
ハリウッド授賞式シーズン突入!レッドカーペット美の競演【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

映画『ヒメアノ~ル』V6森田剛が怖すぎるとネット上で話題に 「凄みありすぎてヤバい」「狂った暗い役をやらせたら天下一品」

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP