体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スターウォーズの浮世絵も! クラウドファンディングから生まれた商品を見に行ってみた

MAKU_25a

(C) & TM lucasfilm Ltd.

最近よく聞くようになった「クラウドファンディング」という言葉。志を持つ人や団体が、ネット上で出資を募り、製品開発やイベント、プロジェクトなどを可能にする方法です。

今まで不可能だったモノづくりを可能にする手段としても注目されているクラウドファンディングからは、実際にユニークな商品やサービスが多数生まれています。でも、普段、クラウドファンディングから生まれた商品を直に見る機会はなかなかありませんよね。

MAKU_01

今回は、渋谷モディ5F『Time Mart』にてクラウドファンディングサイト『Makuake』から生まれた商品を見ることができると聞いて、実際に見に行ってきました。2月15日から2月28日までの期間限定で、クラウドファンディング実施中のものも、終了したものも一緒に展示されています。

水も汚れもへっちゃらな、コットン素材の使えるパーカ

MAKU_04

『ONE SWING PARKA (ワンスイングパーカ)』は、水に濡れても大丈夫なパーカ。コットン素材で、触り心地も綿のパーカーそのものです。この手のパーカはとにかく濡れると水がしみるのが嫌ですが、バッチリ水を弾くので、アウトドアでもお役立ち。春になるこれからの季節にぴったりですね。

MAKU_03

生地の表面に加工をしてあるわけではなく、繊維自体に撥水性を持つ膜がはられているので、通気性はそのまま。子供サイズもあるので、お子さんの普段着にもいいと思います。

見た目もカッコいい、新しいタイプの接着剤

MAKU_06

何やらカッコいい、おしゃれ文具的なこれは、UVライトで固まる液体プラスチック『BONDIC』。スマホの充電器のコードとか、車のキーのフチなど、どうしてもこんな風に折れてしまいがちですが…

MAKU_07

UVライトを当ててわずか4秒ほどで固まる!早いですね。防水性があるので釣り道具の修復や、水槽の中に使ったり、透明なのでアクセサリーの修復に使ったりとアイディア次第で使い方いろいろです。固まったあと、削ったりなどの加工ができるのもポイント。

MAKU_23

もともとアメリカで販売されていたこの商品、今回は日本でもテストマーケティング的に導入したそうです。反応は上々で、売れ行き次第では、日本での全国販売が可能になるかもしれないとのことでした。

おじさんが買っていく!? 世界最小の折りたたみ椅子

MAKU_10

T字型のこれは、世界最小の折りたたみ椅子。デンマーク製。赤い部分を地面につけて腰掛けることができます。実際はペットボトルくらいの大きさまでコンパクトにできるそう。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。