ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

立ち仕事にピッタリ!歩ける・座れる「ウェアラブル・チェア」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

日本製の「ウェアラブル・チェア」が登場!見た目もスマートです。ナニソレ?という人のために一言で説明すると「着用できるイス」ということ。…そのままかい!というツッコミがありそうですが、まさに便利さはそこにあります。

歩けるけど座れる。つまり、足腰を曲げて中腰姿勢になると、その体重負荷を外骨格が支えてくれる、立ち仕事にピッタリなアイテムなんです。実際の使用例を動画で見てみましょう。

歩ける/座れる
「ウェアラブル・チェア」

archelis(アルケリス)」は医療用を想定して開発されたもの。長時間の手術に臨む医師にとっては、筋肉疲労を大幅に軽減できる可能性があるため、このサポートツールに寄せる期待は大。

片足ずつ独立しているため、左右それぞれの足で別々の姿勢をキープ。ある程度自由度があり、微妙な体勢に合わせて体重を支えられるのが嬉しいところ。

素材には金属とカーボンを使っており、強靭・柔軟・軽量な機能を実現。電気を使用せず、その構造によって体重負荷を支える道具のため、使い勝手も◎。

まだ開発中のため購入はできませんが、その使いみちは様々ありそうです。工場での立ち仕事にはもちろん、オフィスワークにも応用できるかも。一度試してみたくなりますよね。価格や販売時期は未定ですが、続報に期待。詳しくはコチラから。

Licensed material used with permission by 株式会社ニットー

関連記事リンク(外部サイト)

たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
スマホの写真が、その場で印刷できるiPhoneケース
【速度20km】カバンに入れて持ち運べる「電動スクーター」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。