体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【博多】ドイツ愛まっしぐらの主が手づくりする、 本格ソーセージ&ハムに悶絶!【シュテファン】

【博多】ドイツ愛まっしぐらの主が手づくりする、 本格ソーセージ&ハムに悶絶!【シュテファン】 f:id:mesitsu_lb:20151030164633j:plain

グーデン ターク!!!!!!!!

マイン ナーメ イスト(わたしの名前は)マツータケシです。

今回はドイツにやってき、、、、てはないけど、福岡にいながら気分はすっかりドイツ!!!!! でございます。こどもの頃からハムっ子、ソーセージっ子で、遠足の弁当にソーセージが入っていないと涙がほろり。カレー屋のトッピングはもちろん、ソーセージ必須で、鍋、炒飯、ラーメンの具としても、我が家では定番中の定番。おいしいホットドッグがあると聞けば、50kmをチャリンコで走ったことさえある次第でございます。

嗚呼、食卓においしいハムやソーセージがあるだけで、幸せ♪

そんなハムラー、ソーセージストの欲求を満たしてくれる手づくりの店が福岡にあるんです。その店名は「シュテファン」です。

ということで、西区までレッツらGO!!!

f:id:mesitsu_lb:20151030164638j:plain

ハイっ、やってきました、壱岐団地。

天神や博多駅からはちょっと離れており、よっしゃワープ、、、というわけにはいかないので、車でどうぞ。

店の裏に1〜2台が停められる駐車スペースがあります。バスで来る場合は「大河原バス停」で降りたらすぐです。

f:id:mesitsu_lb:20151030164643j:plain

あいにくの雨ですが、気分は晴れ!だって、おいしいハム&ソーセージが、すぐそこにあるんだもん。

f:id:mesitsu_lb:20151030164647j:plain

もう我慢できないので、早速、お店にIN!

自動ドアを開けると、「おぉっ」外国のような匂いがします。うん、いよいよドイツに来た気分になってきました。店にはドイツやオーストリアの調味料やジャムなんかも置いてあって、テンションがあがりMAX!!!!

f:id:mesitsu_lb:20151030164652j:plain f:id:mesitsu_lb:20151030164657j:plain

で、で、で、ショーケースに並ぶのは、私にとっては宝石よりも価値がある、お宝の山!!! 「クラカウアー」に「ゲーゼクライナー」、「ニューンベルガー」に「ランドシンケン」etc……、本場感がムンムン、ヨダレをごくり、な、商品がズラリでございます。

f:id:mesitsu_lb:20151030164702j:plain

さてさて、この見目麗しきハム&ソーセージを手間暇かけてせっせと作っているのは、脱サラをして職人になったという中原賢一さん。その経緯がオモロいんで、少しご紹介します。

f:id:mesitsu_lb:20151030164707j:plain

遡ること、中原さんが高校生のころ。交換留学生として一人のドイツ人が家にホームステイしたことが、すべてのはじまりだったそうです。彼との交流が中原青年のドイツへの憧れのきっかけとなり、今では日本以上にドイツの“親独家”になったと言います。

で、そのドイツ愛まっしぐらに勤めていた会社まで辞めて、導かれるように佐賀県三瀬村に店を構える「ハム ソーセージ工房 イブスキ」と出合い、この道に入ったそうです。

1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。