ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アイスを食べたときの、あのキーンとする頭痛って何?

  • ガジェット通信を≫


アイスなど、冷たいものを食べた時にキーンとするような頭痛を感じた経験はないでしょうか? 実はこの頭痛、「アイスクリーム頭痛」と医学的にも名称がついているものです。今回はその原因や予防法について、医師に教えてもらいました。

■ そもそも「アイスクリーム頭痛」とは?

「アイスクリーム頭痛」とは、夏の暑い日などにアイスクリームやカキ氷、冷たい飲み物などを食べたり飲んだりした時に、目の間やこめかみ、眼窩、側頭部などに響くような頭痛を感じるものをいいます。

すぐにおさまる人もいれば、しばらく続く人もいます。この頭痛の原因は、二つの説があります。

■ 原因1:三叉神経が“頭の痛み”と誤解してしまう!

「三叉(さんさ)神経」とは、飲み込むときの口の中の知覚を脳に伝える神経です。

冷たいものを冷たい、と感じる役割もこの神経がおこなっていますが、あまりに冷たいものを感じるとその刺激が強いため、誤って冷たさではなく、“痛み”として認識してしまうのです。さらに痛みの場所まで間違ってしまい、に痛みを感じるといわれています。

■ 原因2:冷たさで頚動脈が収縮してしまう

冷たいものが喉元を通ると、その近いところにある頚動脈(けいどうみゃく)が突然冷やされることで収縮してしまいます。身体は体温を維持するために血流を増やすので、今度は血管がのびます。それによって炎症が起きた際にでる物質がでてしまい、三叉神経を刺激して痛みを感じるというものです。

これは偏頭痛が起こるメカニズムとも似ているため、体質的にアイスクリーム頭痛が起こりやすい人は、偏頭痛にもなりやすいといわれています。アイスクリーム頭痛はそのうちおさまり後に残らないため、あまり心配する必要はありません。

■ 医師からのアドバイス

アイスクリーム頭痛は、特に夏など気温が高い時に冷たいものを急に摂取することで起こりやすくなります。あの感覚を味わいたくない人は、まずアイスクリームや氷菓子などを食べる前に温かいお茶などでのどを潤し、慣らしてからアイスクリームを食べるといいでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

つらい偏頭痛!薬の飲み方にコツがある?
女は偏頭痛になりやすい…?知っておきたい偏頭痛とホルモンバランス
つらい偏頭痛の予防に有効な“頭痛体操”ってなに?

Doctors me
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP