ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Teslaが子供用の電気自動車を開発!本格的な作りにビックリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

まさに本物のミニチュア!Teslaからバッテリー駆動の子ども電気自動車

昔の子どもが遊びに使う車といえば、足で地面を蹴って動かすものだった。しかし、いまどきの子どもがそんなものを見たら笑ってしまうだろう。

近年、電気自動車がさまざまなメーカーから発売されているが、Teslaから5月に発売予定の子ども用電気自動車「Model S」はかなり本物に近い。バッテリーで動き、ヘッドライトもつくというものなのだ。

・499ドルで事前予約

Model SはTeslaと、赤いおもちゃのワゴンで有名なRadio Flyerのコラボによるもの。利用対象は3〜8歳、体重36キロ以下を想定。現在、499ドル(約5万7000円)でプレオーダーを受け付けている。

Teslaといえば、シリコンバレー拠点の電気自動車メーカーで、今回のModel Sももちろん電動。前後の走行が可能で、最大時速は9.5キロと4.8キロのどちらかに設定できる。

・オプション追加も

しかも、ただ電気で走るというだけでなく、ヘッドライトがつき、サウンドシステムまで搭載。ボンネットを開けると、おもちゃなどをしまえるスペースが用意されている。

子どものおもちゃに499ドルはなかなかのお値段だが、リッチな親(子ども)向けにさまざまなオプションも用意されている。

プラス50ドルで50%長く走行できるバッテリーパックに変更できるほか、ナンバープレートを15ドルで付けることも。車カバーも50ドルで用意されている。

5月にも発送が始まるとのこと、興味のある人はサイトをチェック!

Tesla Model S for kids

Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP