ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大丈夫か、2代目社長! カリスマなき後の「ジャパネットたかた」にネットは賛否両論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

テレビ通販の巨頭「ジャパネットたかた」のカン高い声でおなじみの初代社長・高田明氏が今年1月、テレビ通販番組から姿を消した。1年前に社長職を退いた後も番組には出演していたが、これで完全に引退したことになる。

2月16日放送のテレビ東京「ガイアの夜明け」は、ジャパネットたかたのトップ交代に密着していた。新しい社長の姿を見た視聴者の捉え方は様々で、賛否両論の感想が出ているところが興味深い。(ライター:okei)
父の存在感に飲まれつつ、新しい戦略を模索中

カリスマ社長の後を継いだのは、長男の旭人(あきと)氏(36歳)だ。東京大学を卒業後、証券会社を経て2003年入社。小柄な明さんとは似ず堂々とした体躯ではあるが、ちょっとタレ目で真面目そうな印象。「地味」を自認し、通販番組に出ることはない。

ジャパネットたかたの原点は、1986年に長崎・佐世保で開業した小さなカメラ店だ。ラジオの通販コーナーに出演したのをきっかけにテレビ通販事業にも参入すると、独特の語り口がウケて業績を伸ばした。いまや2000人以上の従業員を抱える大企業だ。旭人氏は、父の後を任されたプレッシャーをこう語る。

「父の場合は『やるぞ』と言ったら『みんなついて来い!』とやれる人。そこまでの求心力がある人は世の中にいないので、やり方を変えないと会社としては難しい」

完全に父の存在感に飲まれている様子だ。社員からも「明社長の魅力がジャパネットの魅力。ジャパネットらしくいけるかどうかが一番大きな不安」「今後の売上の動きがどうなるのか」など将来を危惧する声もある。

それでも新社長は、これまでにない戦略を展開しながら奮闘する。吟味する商品を増やすため、2012年に東京オフィスを設立。千葉に物流センターを作り、商品の当日配送を実現し、通販会社では初めて自社で商品の修理を行っている。
ネットは辛らつ「二代目は自社がエンタメ企業とわかっていない」

すでに結果が出たものもある。これまで父が取り扱ってこなかったガスコンロを紹介すると、たちまち注文が殺到したのだ。旭人氏は社内忘年会のあいさつで、

「変えていいのか、その都度迷った。でも決めた以上、迷ったらダメだと自分の信念を通しました」

とした上で、5年前に父が達成した最高売上高である1759億を上回る「1760億にしましょう」と目標を宣言していた。その声は力強かったが、上乗せ分は、たったの一億。これで士気が高まるのか心もとない。

これを見た視聴者は、ネットに「たくましく育ってるんじゃないですか。たいしたもんです」「なかなか簡単にはやられない感じ。ネット通販に立ち向かう、これからが見ものだね」と賛辞を贈る一方で、こんな辛辣な言葉もあった。

「ああ、結局数字だけ。つまらんスピーチ。初代社長の最後の誤りは息子を社長にしてしまったこと。やはりカリスマといえど親バカだったか…。優秀な社員は抜けてくだろう」
「ジャパネットたかたは、ものを売る会社ではなくエンタメ企業というのを、どうもこの二代目はわかっていないっぽいのは、ヤバさを感じざるを得ない」

前社長の最後の出演日には、女性社員が涙ぐむ姿も

1月15日、前社長・明氏の最後のテレビ出演の日には、多くの社員がスタジオに集まった。涙ぐみ祈るように手を組んで見守る女性社員の姿も見られ、明氏が多くの社員にとって特別な存在であることを印象付けた。

「父親とは真逆」と自ら語る2代目は、あえて同じやり方をしないことで組織を伸ばそうとしている。個人的には好印象を持ったが、ジャパネットらしい個性は、やや失われるのかもしれない。しかしトップが変われば組織も変わる。交代した以上、周囲がどう言おうと自分の道を貫くしかないのだろう。

あわせてよみたい:井戸実社長「ブラックバイトなんか辞めればいい」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP