ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Melanie De Biasio『No Deal Deluxe Edition』インタビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベルギーの美しきジャズ・シンガー、メラニー・デ・ビアシオ。その美しく深遠な世界がビリー・ホリデイやニーナ・シモンといったジャズ界の伝説を引き合いに出して語られている彼女のアルバム『No Deal』は、2013年のリリース以来、評判が評判を呼び、全世界に静かに浸透を続けている。そして、2015年、ジャズDJのジャイルズ・ピーターソン監修によるリミックス・アルバム『No Deal Remixed』(日本盤はオリジナル・アルバム『No Deal』との2枚組)でリリースされたことにより、オリジナルのリリースから3年が経過したアルバムは、ジャズのフィールドを超え、さらには世代を超えた幅広いリスナーのもとへ。彼女が描き出す漆黒のブルースは、なぜ、かくも多くの人を魅了し続けるのだろうか?

 

――メラニーさんの初来日は、作品デビューを果たす以前、2005年の日本国際博覧会、愛・地球博になるんですよね。

メラニー「そう。2日間だけのあっという間の滞在だったんだけどね。その後、2007年にファースト・アルバム『A Stomach Is Burning』を出してから今に至るまで、9年が経ったわけだけれど、ファースト・アルバムはジャズ・レーベルからのリリースということもあって、当時、ブリュッセルの王立音楽院を出た直後の私は、スタジオや予算、プロダクションといったことが全部お膳立てされた状況下で、音楽のことだけを考えていればよかった。出来に関しては今も気に入ってはいるけれど、次のアルバムを作るとしたら、もっと自分らしい作品にしたくて、セカンド・アルバム『No Deal』は自分でプロデュースすることに決めたの。ただ、ファースト・アルバムを出したレーベルで、セルフ・プロデュースの作品を出しても、やりたいことは理解されないだろうなとも思った。なぜなら、セカンド・アルバムは、ファーストほど、ジャジーな作品ではなく、自分にとってはブルースだったから。それも自分の内面にあるインナー・ブルース。スウィートではあるけれど、そこに確固たるものがあって、参加ミュージシャンが演奏しているのも、ジャズのコードではないという、そういう作品を自由に作るために、プロダクションをいちから学びながら、セカンドアルバムは完成までにものすごい時間がかかってしまったの」

 

――2013年にリリースされたセカンド・アルバム『No Deal』は、さらにベース不在で、メラニーさんのヴォーカルとフルート、鍵盤楽器とドラムという変的な編成で録音された非常に音数が少ない作品ですよね。

メラニー「セカンド・アルバムのバンド編成が変則的になったのは全くのアクシデントなの(笑)。制作の半年前に、考え方の違いから、コントラバス奏者が抜けてしまったんだけど、長年、一緒に演奏していたプレイヤーだったから、代わりに別のプレイヤーを入れようという気持ちにはならなくて、コントラバスの不在を別の楽器で補うことにしようと考えたわ。だから、『No Deal』は、バスドラムのキックのなかにも、クラビネット(鍵盤楽器)のなかにも、アナログ・シンセサイザーや私が吹くフルートやヴォーカルのなかにもコントラバスの音があるという、そういう考え方で作品を作ったの」

――そのアクシデントで生まれた欠落をただ単に埋め合わせるのではなく、別の発想で解釈、発展させたことで、『No Deal』は個性的な作品になりましたね。そして、個性的ということでいえば、メラニーさんご自身の音楽遍歴も、クラシックのフルートからはじまり、その後、歌を歌い始めて、一時期はニルヴァーナがお好きでバンドをやっていたこともあるということで、ジャズ・ミュージシャンとしてユニークな音楽的バックグラウンドをお持ちですよね。

メラニー「物事のスタイルというのは、これと定義出来るものってないと思うの。全てがエキサイティングで、全てが活き活きとしていて、それぞれに美しさがあると思うし、私は好奇心をもって、あらゆるものを見ていきたいと思っているわ。私が子供の頃、日曜日の朝は祖母がクラシック音楽を聴いていたので、自分のなかで日曜日の朝の音楽は、クラシックだと思っていたし、ニルヴァーナに影響を受けて、自分が作った曲でバンド活動していた高校生時代を経て、王立音楽院に進学することになるんだけど、それは家でも活き活きと歌を口ずさんでいる私の様子を見た母から、「音楽が好きなんだったら、その道を進んでいいわよ」って後押しをしてくれたから。その王立音楽院には、クラシックとジャズのコースがあったんだけど、私には、クラシックよりジャズの方がブルースを感じられたから、ジャズを専攻したの」

――あなたにとって、ブルースとはどんなフィーリングなんでしょうか?

メラニー「私にとって、ブルースは魂であり、心臓の鼓動、シンプルなものを語るための言語ね。そして、クラシックや日本の伝統的な雅楽、ポルトガルの民族民謡、ファドを含め、全ての音楽はブルースというフィーリングから生まれて、それぞれ固有のブルースがあるんじゃないかと思っているわ」

――確かに、ブルースというのは、苦悩や哀しみ、痛みといった感情を歌によって転換する、そんな音楽だと言われていますよね。

メラニー「そう、つまり、ブルースというのは、癒やしのためのプロセスということよね」

――『No Deal』で自分らしいアルバムを作ろうと思った時、ブルースもまた自然ににじみ出てきた、と。

メラニー「そうね。このアルバムでは私の魂が語っているんだと思うわ」

――この取材の前に行われた写真撮影でも、モノクロで撮って欲しいとおっしゃっていましたが、ブルースがにじむこのアルバムから多くのリスナーがイメージするのもモノクロームな世界ですよね。

メラニー「モノクロにこそ、全ての色があるような気がしているの。そして、モノクロだからこそ、想像力が喚起されて、色んな夢を見ることが出来る。今回のアルバムのアートワークに関して言えば、一番の主役はそこに映っている私ではないの。そうではなく、私の周りにある黒さ、その奥深さを表現したかったし、その黒に意味を持たせるのが私の役割で、その黒を通して、リスナーが作品世界に足を踏み入れる、そんなイメージを持っていたんだけど、そのことをレーベル・スタッフに理解してもらうのが大変だったわ」

――そして、2013年にリリースされた『No Deal』は、昨年2015年に、ジャイルズ・ピーターソンやシネマティック・オーケストラ、クラップ!クラップ!といったアーティストが腕を振るったリミックス・アルバムもリリースされました。現在はライヴ中心の日々を送られていますが、このリミックス・アルバムは、あなたにとって、どんな意味を持つものですか?

メラニー「リミックス・アルバムの制作をレーベルから提案された時、私自身は「何故? ここに全てがあるじゃない?」って思って、当初は全く乗り気じゃなかったの。でも、(新世代ジャズの発展に多大な影響を与えたイギリスのDJ)ジャイルズ・ピーターソンと会って話した時、彼にリミックス・アルバムのディレクターとして関わってもらったら、面白いものが出来るんじゃないかと思って、その役割をお願いしたの。ただ、その時、彼に伝えたのは、アルバムは一つのストーリーになっているから曲順は変えないで欲しいということ。そのうえで、リミキサーの選定を彼に一任して、完成したリミックス・アルバムを聴いた時、彼にお願いして良かったなと思ったわ。なぜなら、リミックス・アルバムはジャイルスの物語になったから。そして、オリジナルで広がる自分の物語とは違う物語として、客観的に捉えられたことで、その経験が、この先の音楽活動を続けるうえで、大きな糧になったことは間違いないわ」

 

撮影 中野修也/photo  Shuya Nakano

取材・文 小野田 雄/interview & text  Yu Onoda

企画・編集 桑原亮子/edit  Ryoko Kuwahara

Melanie De Biasio

『No Deal Deluxe Edition』

ボーナスディスク『No Deal Remixed』(8曲収録)

(Play It Again Sam/HOSTESS)

発売中

 

 

Melanie De Biasio

ジャズ、ブルース、ソウルの影響を受けるベ ルギー出身の個性派シンガー。ベルギーの 名門大学、ブリュッセル王立音楽院で音楽の 才能を開花させ、07年に発表したデビュー・ アルバム『ア・ストマック・イズ・バーニング』が 国内外で高く評価されている。古き良きジャ ズ、ブルース、ソウルの影響を受けるメラニー の歌声からビリー・ホリデイやニーナ・シモン に例えられ絶賛されている。14年に発表した 大人のスムースジャズのフレイヴァーが漂う2 作目『ノー・ディール』はレディオヘッドのフィリ ップ・セルウェイが自身の年間ベスト1位に選 出。2015年度「ヨーロピアン・ボーダーブレー カーズ(EBBA)賞」を受賞した。

NeoL/ネオエル
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP