ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香りと記憶の不思議。忘れかけていた思いが、特定の香りで思い出すのはなぜ?

  • ガジェット通信を≫


漫画やテレビドラマなどで、あるにおいをかぐと主人公が重要なことを思い出す…。そんな場面を見たことがある人も多いのではないでしょうか。実は“におい”をきっかけに何かを思い出すのはよくあることだといわれています。

今回は“香り”と“記憶”の関係について、医師に聞いてみました!

感覚はどうやって脳に伝わるの?

五感と呼ばれる、視覚、触覚、聴覚、味覚、そして嗅覚は、実は脳に届くまでの道すじが異なります。

嗅覚以外の4つは、感覚をひろうと、それぞれ目や耳、舌、皮膚などからニューロンとよばれる神経の道を通って、まず間脳のなかにある視床下部というところを中継して、視覚野や聴覚野などがある大脳皮質に向かい、そこで感覚を認識します。

“におい”は脳にダイレクトに届く

一方で嗅覚は、鼻の嗅細胞でにおいの感覚をひろうと、ニューロンを通って大脳(終脳)に位置する嗅球というところにいきます。その後、前梨状皮質や扁桃体、視床下部、大脳皮質嗅覚野(眼窩前頭皮質)などさまざまなところでにおいの情報が処理され、においを認識できるようになります。大脳は情報の最終地点ともいえるので、他の感覚と違い、嗅覚はダイレクトに脳に届くといえます。

さらに、においを感じる部分は記憶と関係している海馬や、感情と関係している扁桃体という場所の近くにあったり、扁桃体でもにおいが処理されるため、においをかぐと記憶や感情を思い出すといったことが起きるのです。

【医師から最後に一言】

においを感じることである感情を思い出したり、においは感情を動かす効果もあることから、一定のいい香りを感じるとドキドキする、といった情動に関わることもあります。そのため、においが恋愛のきっかけになることも多いのです。

また、アロマテラピーもこのにおいが感情と関連することを利用したもので、香りによって気持ちをコントロールしているものだといえますね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

ショック! 幼少期のネグレクトは心の傷だけでなく、脳の障害にも影響
わきがは食生活で防げる?わきがにならないための食事法!
なんだか鼻水が臭い・・・これって病気?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP