ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新たな資格取得なしに転職できるスキル4選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

一口に転職と言っても様々です。自分の意思による場合と倒産などで転職せざるを得ない場合があります。また、同種か異種業に移るかによっても必要な資格は異なります。どこでも通用するスキルがあるといいですね。

転職するのに困らないスキルがありますか?


一夜漬けでは身につかないスキル

転職に有利になる資格を取って、履歴書でアピールすることもありかもしれません。でも、転職直前に取得した資格よりも長年に渡ってつちかってきたスキルで勝負してみませんか?

・美文字

手書きの文章を見る機会も減った今だからこそ、キレイな文字を書けるスキルは活かしてください。 文字が整っていると、仕事に対する姿勢にも期待が持てます。転職時の手書き履歴書でも、差がつくかもしれませんよ。文字のトレーニング方法はいくつもあります。書道やペン習字やボールペン字教室を利用するのもいいでしょう。通信講座にもペン習字のスクールはたくさんあります。そのほか、ドリル付きの本を購入して自宅でトレーニングをする方法のほか、文字練習のPCソフト、ゲームなどもあるので、こちらを利用することもできます。ただし、美文字を身につけるには持続的な努力が欠かせません。だからこそ、キレイな文字が書ける人は少ないのです。転職を考える前から、文字トレーニングを始めてみてはいかがですか?

・PCスキル

様々な職種に共通して必要なスキルは、パソコンを使いこなすスキルです。PCスキルといっても、自分がどれくらいのレベルなのかはよくわかりませんよね。企業でPCスキルの指標として使われるのは、Microsoft Officeの「ワード」や「エクセル」の機能をどれくらい使いこなせているかで判断しています。「パワーポイント」でのプレゼン資料作りも評価されることもあります。具体例を挙げると、派遣会社に登録する際にスキルチェックを受けます。たとえば、ワードでは「差し込み印刷」ができるか、エクセルでは、「VLOOKUP」「マクロ(VBA)」がわかると上級と判断されます。恐らく、どの機能や関数も理解できるとしても、使用経験がないと中級レベルと判断されてしまいます。ソフトを使いこなす自信があっても、損をする可能性があるのです。ですから、各種機能を理解しておくことが大切です。

実は何より大事な対人スキル!


・マナーがその人の印象を決める!

所作が美しい人に出会うと憧れてしまいます。正しく所作を身につけていると、「仕事ができる人」である印象を受けます。会社面接で採用を勝ち取るには、社会人としてのマナーを押さえておきましょう。日本には目上の人を敬うマナーがいくつもあり、社会人になると自然と覚えていくものも多いと思います。そのため、転職となれば基本的なマナーの全てが、守れて当たり前と言えます。社会でのマナーの多くは、書籍やインターネット上の記事でもまとめられています。それらを日頃から読むようにしておくと、いざ転職となっても自信を持って面接に臨むことができますよね。

・話し方でこれからが変わる!

夫婦やカップルの会話でも言い方を変えるだけで関係改善につながります。例を挙げると、頼みたいことがある時に、女性は「今○○する時間ある?」と遠回しに聞きます。でも、男性は「これを○○して」とストレートに言うべきだと思います。お互いの話し方の特徴をしり、相手が求めていることを判断して話すことができれば、コミュニケーションもスムーズですよね。話し方には、人間関係を変える大きな力が隠れているのです。また、話し方に不安がある方は、教室などで学ぶのもいいかもしれません。マナーや話し方の教室で、お辞儀や会話を客観的に見てもらい修正することも必要です。アサーショントレーニングもお勧めです。これは上司に対してでも、上手に意見を主張する方法を学ぶものです。主に、アサーティブなコミュニケーション(相手の意見を尊重し、自己の意見を表明する主張)を用います。

いつでも転職が叶いそう!

ご紹介したスキルアップは、オフィスライフを豊かにしてくれるでしょう。転職のチャンスはいつ訪れるかわかりません。資格取得なしでも採用されるくらいに、点数をつけ難いスキルを磨いてくださいね!

ケイマナニュース
カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP